多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート

5月11日に開かれたインディーゲームのプラットフォームPLAYISM誕生3周年パーティー。Game*Sparkでは既にいくつか記事を掲載しました。ここではパーティーの様子を写真とともに簡単に振り返ってみたいと思います。

ゲーム文化 インディーゲーム
多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート

5月11日に開かれたインディーゲームのプラットフォームPLAYISM誕生3周年パーティー。Game*Sparkでは既にいくつか記事を掲載しました。ここではパーティーの様子を写真とともに簡単に振り返ってみたいと思います。


パーティー当日は快晴でした。いや、むしろ暑かったです。大阪に拠点を持つPLAYISMとあって、会場は去年と同じく北浜のレストランのエズでした。


会場には1階中央に大きなプロジェクターが設けられ、ゲームがプレイできました。基本的にはリリースしたばかりの開発室Pixelの『ケロブラスター』が稼働。開発者の天谷大輔氏が静かにスクリーンを見守っていたのが非常に印象的です。


気になるお食事は...ピザですね!来場した方の9割は男性だったので、開幕した瞬間、結構な量が溶けました(笑)。バーカウンターでドリンクを頼んで、好きなテーブルでいただく立食形式です。


2階には数台のPCやコンソールが設置され、様々なゲームがプレイされていました。中でもレアものはカラーテレビゲーム15。任天堂がファミコン以前に出していたものです。対戦プレイで大いに盛り上がりました。



来場者はPLAYISMでリリースしているデベロッパーの他、国内外の一般の方からゲーム実況者まで様々でした。会場で自らが作っているゲームを見せている方も多く、この中から、インディーゲームのヒット作が飛び出すかもしれません。



当日は取材で忙しく、十分に交流できませんでしたが、非常にアットホームな雰囲気のイベントでした。誰でも参加でき、実際の作り手たちと直接触れ合う機会がある貴重なイベントであるため、ぜひとも来年も開催して欲しいと思います。

《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質FPSアクション『Bright Memory』が日本語対応! 33%オフのセールも実施

    個人開発の高品質FPSアクション『Bright Memory』が日本語対応! 33%オフのセールも実施

  2. 『DEATH STRANDING』ファンメイドのPS1風デメイク映像!確かにこんな感じかも…?

    『DEATH STRANDING』ファンメイドのPS1風デメイク映像!確かにこんな感じかも…?

  3. 『ポケモン 金・銀』20周年! 初のカラー対応、色違いポケモンが新登場・・・様々な展開が新たな冒険を彩る─公式Twitterでは思い出を募集中

    『ポケモン 金・銀』20周年! 初のカラー対応、色違いポケモンが新登場・・・様々な展開が新たな冒険を彩る─公式Twitterでは思い出を募集中

  4. 『DEATH STRANDING』日本語翻訳版公式アートブックの発売日が決定!予約もスタート

  5. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  6. 『ポケモン シールド』「色違いウールー」をゲットできなかったストリーマー、視聴者に5,000ドル相当のサブスクを贈呈

  7. ストリーミングTVデバイス「Roku」が『ポケモン ソード・シールド』と干渉する不具合を修正―利用ポートなどが偶然の一致

  8. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  9. 『ディヴィニティ:オリジナル・シン』がボードゲームに!Kickstarter開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top