多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート

5月11日に開かれたインディーゲームのプラットフォームPLAYISM誕生3周年パーティー。Game*Sparkでは既にいくつか記事を掲載しました。ここではパーティーの様子を写真とともに簡単に振り返ってみたいと思います。

ゲーム文化 インディーゲーム
多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート
  • 多くのクリエイターとファンが交流したPLAYISM3周年パーティーフォトリポート

5月11日に開かれたインディーゲームのプラットフォームPLAYISM誕生3周年パーティー。Game*Sparkでは既にいくつか記事を掲載しました。ここではパーティーの様子を写真とともに簡単に振り返ってみたいと思います。


パーティー当日は快晴でした。いや、むしろ暑かったです。大阪に拠点を持つPLAYISMとあって、会場は去年と同じく北浜のレストランのエズでした。


会場には1階中央に大きなプロジェクターが設けられ、ゲームがプレイできました。基本的にはリリースしたばかりの開発室Pixelの『ケロブラスター』が稼働。開発者の天谷大輔氏が静かにスクリーンを見守っていたのが非常に印象的です。


気になるお食事は...ピザですね!来場した方の9割は男性だったので、開幕した瞬間、結構な量が溶けました(笑)。バーカウンターでドリンクを頼んで、好きなテーブルでいただく立食形式です。


2階には数台のPCやコンソールが設置され、様々なゲームがプレイされていました。中でもレアものはカラーテレビゲーム15。任天堂がファミコン以前に出していたものです。対戦プレイで大いに盛り上がりました。



来場者はPLAYISMでリリースしているデベロッパーの他、国内外の一般の方からゲーム実況者まで様々でした。会場で自らが作っているゲームを見せている方も多く、この中から、インディーゲームのヒット作が飛び出すかもしれません。



当日は取材で忙しく、十分に交流できませんでしたが、非常にアットホームな雰囲気のイベントでした。誰でも参加でき、実際の作り手たちと直接触れ合う機会がある貴重なイベントであるため、ぜひとも来年も開催して欲しいと思います。

《Shin Imai》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

    『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

  2. 『RimWorld』や『FTL』の影響受けた宇宙船コロニーシム『SpaceSlog』発表! 『M&B Warband』人気Modderが約5年に渡り開発

    『RimWorld』や『FTL』の影響受けた宇宙船コロニーシム『SpaceSlog』発表! 『M&B Warband』人気Modderが約5年に渡り開発

  3. スクエニ・吉田直樹氏、『FF9リメイク』は作っていないと否定―「喧嘩するのはやめて」

    スクエニ・吉田直樹氏、『FF9リメイク』は作っていないと否定―「喧嘩するのはやめて」

  4. サーバーの電源ケーブルを抜線しなければいけないほど…「ニコニコ」へのサイバー攻撃の苛烈さが調査報告より明らかに

  5. コミックから飛び出したかのようなクライムノワールFPS『Fallen Aces』早期アクセス開始!

  6. やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい

  7. トラブルの匂いを漂わせながらノベルゲーム開発ソフト「Polaris Engine(旧Suika2)」サイトが一時消失……フリーゲーム開発者らに衝撃走る

  8. ZETA DIVISIONが再び「オーバーウォッチ部門」設立を発表!Fearless、Viol2tら計7名の強豪プレイヤーが加入へ

  9. 新展開か?音だけADV『リアルサウンド~風のリグレット~』出演声優探してます―飯野賢治氏の妻が告知

  10. MMO版『ボーダーランズ』はアリ?ナシ?Gearbox創設者がアンケート実施

アクセスランキングをもっと見る

page top