PS Vita版『BioShock』は海底都市ラプチャー崩壊前を描く「FFタクティス」的な作品だった、Levine氏が解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS Vita版『BioShock』は海底都市ラプチャー崩壊前を描く「FFタクティス」的な作品だった、Levine氏が解説

携帯ゲーム PS Vita

今年2月、開発を務めてきたIrrational Gamesから2K Gamesへとバトンタッチされた『BioShock』フランチャイズ。2011年に発表されたPS Vita向け『BioShock』は現在も続報がない状況となっていますが、シリーズを担当してきたデザイナーKen Levine氏がTwitter上で同作に触れました。

自身が最後にチェックした際にはソニーと2Kが互いに契約をまとめることが出来ていないようだったと語るLevine氏は、発表時の2011年を振り返ると両者はPS Vita向け『BioShock』について楽観視していたようだったと告白。「できることならば自分でやりたいが、弁護士だとか色々とあるんだ。まだ自身のVitaは愛しているよ」と伝え、今年2月のIP移行でPS Vita版『BioShock』はLevine氏がもう手を出せる状況にはないことを示唆しました。

PS Vita版『BioShock』はその気になるゲーム内容について今まで一切語られてこなかったものの、Levine氏は「崩落する前のラプチャーを舞台にした『ファイナルファンタジータクティクス』スタイルのものを考えていたよ」とファンからの質問に対し返答しています。このスタイルがターンベースゲームを指すのか、シリーズ本編に対するスピンオフ的な立ち位置を示しているのかは不明ですが、ともかく単なるFPSやリメイクとはならないことが想定されていたようです。

なお2011年には海外メディアJoystiqのインタビューを受けた際にもLevine氏は、PS Vita版『BioShock』が「ユニークな体験を持つ」と伝えていました。

PS4版『BioShock Infinite』がリリースされればPS Vitaからリモートプレイすることができるのではと質問するファンに対しLevine氏は「そう願うが私が決定できることではない」と伝え、改めて『BioShock』フランチャイズが自身の手から離れたたことを伺わせています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

    【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  2. 「ニンテンドーDSかゲームボーイを一日に2時間遊ぶ」で弱視が250%改善―英国

    「ニンテンドーDSかゲームボーイを一日に2時間遊ぶ」で弱視が250%改善―英国

  3. 任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに

    任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに

  4. 「Hulu」がPS Vitaに5月29日より対応開始 ─ タッチパネル操作にも対応

  5. ニンテンドーDS用のぺイント&アニメーションソフトが登場

  6. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  7. PS Vita本体と『マインクラフト』のコラボモデルが12月6日発売!限定本体・ソフト・ポーチ・DLCなどがセットに

  8. 『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

  9. 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』iPhone/iPod Touchで今秋発売が決定

  10. TGS 13: 自分だけのヒーローを作り出せ!『ファンタジーヒーロー ~アンサインドレガシー~』PS Vita向けハクスラ型アクションRPGがアークシステムワークスから登場

アクセスランキングをもっと見る

page top