PS Vita版『BioShock』は海底都市ラプチャー崩壊前を描く「FFタクティス」的な作品だった、Levine氏が解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS Vita版『BioShock』は海底都市ラプチャー崩壊前を描く「FFタクティス」的な作品だった、Levine氏が解説

『BioShock』フランチャイズ。2011年に発表されたPS Vita向け『BioShock』は現在も続報がない状況となっていますが、シリーズを担当してきたデザイナーKen Levine氏がTwitter上で同作に触れました。

携帯ゲーム PS Vita
今年2月、開発を務めてきたIrrational Gamesから2K Gamesへとバトンタッチされた『BioShock』フランチャイズ。2011年に発表されたPS Vita向け『BioShock』は現在も続報がない状況となっていますが、シリーズを担当してきたデザイナーKen Levine氏がTwitter上で同作に触れました。

自身が最後にチェックした際にはソニーと2Kが互いに契約をまとめることが出来ていないようだったと語るLevine氏は、発表時の2011年を振り返ると両者はPS Vita向け『BioShock』について楽観視していたようだったと告白。「できることならば自分でやりたいが、弁護士だとか色々とあるんだ。まだ自身のVitaは愛しているよ」と伝え、今年2月のIP移行でPS Vita版『BioShock』はLevine氏がもう手を出せる状況にはないことを示唆しました。

PS Vita版『BioShock』はその気になるゲーム内容について今まで一切語られてこなかったものの、Levine氏は「崩落する前のラプチャーを舞台にした『ファイナルファンタジータクティクス』スタイルのものを考えていたよ」とファンからの質問に対し返答しています。このスタイルがターンベースゲームを指すのか、シリーズ本編に対するスピンオフ的な立ち位置を示しているのかは不明ですが、ともかく単なるFPSやリメイクとはならないことが想定されていたようです。

なお2011年には海外メディアJoystiqのインタビューを受けた際にもLevine氏は、PS Vita版『BioShock』が「ユニークな体験を持つ」と伝えていました。

PS4版『BioShock Infinite』がリリースされればPS Vitaからリモートプレイすることができるのではと質問するファンに対しLevine氏は「そう願うが私が決定できることではない」と伝え、改めて『BioShock』フランチャイズが自身の手から離れたたことを伺わせています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  2. 『ロマンシング サ・ガ2』のスマホ/PS Vita移植が決定

    『ロマンシング サ・ガ2』のスマホ/PS Vita移植が決定

  3. ニンテンドーDSiを透明ケースに変えてしまうクリスタルシェルMod

    ニンテンドーDSiを透明ケースに変えてしまうクリスタルシェルMod

  4. 『魔界戦記ディスガイア3 Return』がPS Vitaローンチに決定…のはず!

  5. 『国盗り頭脳バトル 信長の野望』が海外サイトで絶賛されている

  6. 海外レビューハイスコア 『The World Ends With You (すばらしきこのせかい)』

アクセスランキングをもっと見る

page top