Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場
  • Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場
  • Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場
  • Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場
  • Unreal Engine 4を採用したホラーADV『TAKEN』がSteam Greenlightに登場


インディーデベロッパーMath Nerd Productionsによる新作ホラー『TAKEN』がSteam Greenlightに登場しました。Unreal Engine 4を採用したPC/スマートフォン向けタイトルとなっています。


『TAKEN』は、とある事件によって消息を絶った7歳の女の子と、その現場となった迷路庭園を舞台にしたホラーパズルタイトル。行方不明事件の20年後、女の子が消息を絶った庭園に閉じ込められてしまった主人公が脱出を図るところからシナリオが始まるようです。生け垣で作られた迷路には得体の知れない怪物も潜んでおり、ステルス要素が含まれた緊張感のあるゲーム性となっています。


迷路庭園は自動生成となっており、角を曲がる度に驚くような仕掛けが施されているとのこと。トレイラー映像中盤では、Unreal Engine 4で描かれた不気味な迷路に入り込むシーンなどもチェックすることが出来ます。


対応機種はWindows/Macのほか、iOSやAndroid向けにも開発予定とのこと。リリースは2014年後半とされており、先月より始動したKickstarterキャンペーンにおいて10ドル以上の資金援助を行ったユーザーは、リリース後に正式版が利用可能になります。また、先着25名限定のEarly Birdプランでは半額となる5ドルの援助でダウンロードが可能となります。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

    20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

  2. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

  3. FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

    FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 『S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha Developer's Cut』がリリース!―トレイラーも披露

  6. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  7. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  8. 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」

  9. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top