米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場

ゲーム文化 カルチャー

米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場
  • 米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場
  • 米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場
  • 米GI誌が選ぶ「史上最高のホラーゲーム」TOP25―『バイオ』や『零』など国産タイトルも登場
海外の大手ゲームメディアGame Informerにて、「史上最高のホラーゲーム トップ25」が公開されました。洋邦を問わず、レトロゲームからインディーゲームまでの人気ホラータイトルが目白押しの内容となっています。

    25. 『Blood』
    24. 『Splatterhouse』
    23. 『Shadows of the Damned』
    22. 『I Have No Mouth and I Must Scream』
    21. 『DayZ』
    20. 『Slender』
    19. 『Dead Rising』
    18. 『Sanitarium』
    17. 『Alan Wake』
    16. 『F.E.A.R.』
    15. 『The Suffering』

こちらが「世界一のコンピューターとテレビゲーム情報誌」を謳う米国のメディアGame Informer誌がチョイスした、25位から15位のホラーゲームです。ナムコ開発の『Splatterhouse(スプラッターハウス)』やグラスホッパー・マニファクチュアの『Shadows of the Damned(シャドウ オブ ザ ダムド)』、カプコンの『Dead Rising』と言った国産タイトルも登場しています。

    14. 『Clock Tower』
    13. 『The Walking Dead』
    12. 『System Shock 2』
    11. 『Eternal Darkness: Sanity’s Requiem』
    10. 『Condemned: Criminal Origins』
    9. 『Manhunt』
    8. 『Left 4 Dead』
    7. 『The Last of Us』
    6. 『Resident Evil 4』

14位からは、1995年に国内でリリースされた初代『Clock Tower(クロックタワー)』や不朽の名作FPS『System Shock 2』などが名前を連ねています。初代『Left 4 Dead』やリマスター版も好評を博していた『The Last of Us』と言った人気ゾンビゲームのほか、Rockstar Gamesが手掛けた問題作『Manhunt』もランクインしています。

    5. 『Fatal Frame II: Crimson Butterfly』
    4. 『Amnesia: The Dark Descent』
    3. 『Dead Space』
    2. 『Silent Hill 2』

1. 『Resident Evil』


トップ5には『Fatal Frame II: Crimson Butterfly(零 紅い蝶)』や、インディーホラー『Amnesia: The Dark Descent』などが登場。そして見事トップ1として選ばれたのは、カプコン開発の初代『Resident Evil(バイオハザード)』となりました。特に窓を突き破って出現するゾンビ犬“ケルベロス”は、ホラーゲームファンやデベロッパー達に強い影響を与えたとのこと。その他のゲーム内イベントも“トラウマ的”と高く評価されており、ホラーゲームジャンルに「深い傷跡」を残した遺産的作品と言われています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

    『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

  2. shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

    shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

  3. 『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

    『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

  4. ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か

  5. PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

  6. 全米高等学校連盟が“e-Sports”を競技として採択―シュータータイトルは適応外

  7. カオスな探索RPG新作『KNUCKLE SANDWICH』のKickstarterが開始!

  8. ケイン・コスギがTwitchで『LoL』配信をスタート!スポンサー登録で「パーフェクバァディ」が聞ける【UPDATE】

  9. figmaで『オーバーウォッチ』“リーパー”登場!予約も開始

  10. 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」

アクセスランキングをもっと見る

page top