サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…

ゲーム文化 カルチャー

サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…
  • サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…
任天堂が今月より海外で先行発売しているゲームと連動したフィギュア「amiibo(アミーボ)」。その「サムス」フィギュアを使ってモスクワの地下鉄改札機が通れたという、あやしい噂が欧米ネットユーザーの間で飛び交っているようです。

噂の発端となったのはInstagramに投稿された動画。ロシア・モスクワの地下鉄改札読み取り機にユーザーがサムスのamiiboをかざすと、確かに緑のランプが点灯しているのが分かります。



ネットユーザーの間では、「任天堂がロシアのインフラ構造を乗っ取ろうとしてる!」「プーチンは既に認証済み」「METROIDか」などと、なかば冗談めいた驚きのが声があがると共に、各方面から真偽の解析が進められている状況。

あるユーザーの指摘によると、モスクワの地下鉄改札機は、通常ゲートが開いていて、パスや切符を読み取り機にタッチしないとゲートが途中で閉じて通過できない仕組みになっているのだとか。動画では撮影者がロシア語で「開かない」と発言しているとの分析もあり、amiiboに備わるNFCが反応してランプだけは緑に点灯するものの、ゲート自体は閉じてしまう状態だと推測されています。

amiiboは日本国内でも12月6日に第1弾ラインナップが発売予定。これまでになかった周辺機器だけに今後も様々な形でユーザーから注目を浴びそうです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 北米版ミニ スーパーファミコン、ウォルマートが予約を一方的にキャンセル

    北米版ミニ スーパーファミコン、ウォルマートが予約を一方的にキャンセル

  2. 「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

    「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

  3. 発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

    発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

  4. 『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

  5. まさに忙しい人のための『Fallout』?シリーズ通してのスピードランに挑戦したユーザーが登場

  6. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  7. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  8. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  9. 日本のときど選手が「Evo 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝!―強敵Punk選手を圧倒

  10. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top