3Dプリンターでゲームコントローラーを制作!海外ユーザーによる『Joe Danger 2』実演プレイ映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3Dプリンターでゲームコントローラーを制作!海外ユーザーによる『Joe Danger 2』実演プレイ映像

デンマークのオーフス大学でIT技術開発を専攻している学生グループが3Dプリンターを使ってゲームコントローラーを制作し、Hello Gamesの『Joe Danger 2: The Movie』をプレイする映像を公開しています。

ゲーム機 周辺機器
3Dプリンターでゲームコントローラーを制作!海外ユーザーによる『Joe Danger 2』実演プレイ映像
  • 3Dプリンターでゲームコントローラーを制作!海外ユーザーによる『Joe Danger 2』実演プレイ映像


デンマークのオーフス大学でIT技術開発を専攻している学生グループが3Dプリンターを使ってゲームコントローラーを制作し、Hello Gamesの『Joe Danger 2: The Movie』をプレイする映像を公開しています。

映像を公開しているJonas Christensen氏によれば、こちらの機器は『Joe Danger 2: The Movie』向けの専用コントローラーとして設計されており、オーフス大学の“3Dプロトタイピング”授業の中で制作したとのことです。バイクのハンドルのようなフォルムになっており、両サイドのグリップ部分にアクセルやジャンプボタンをアサイン。モーションセンサーのようなギミックも組み込まれており、実際にハンドルを切るような動きで『Joe Danger 2: The Movie』ゲーム内の走行レーンを切り替えることも可能となっています。



『Joe Danger 2: The Movie』開発元のHello Gamesからもこの専用コントローラーを褒め称える感想がTwitterに投稿されており、同作や『No Man's Sky』などを手掛けているGrant Duncan氏からも好評を得ている模様です。コントローラーを制作したグループのLasse Legaard氏から商品化などに纏わるコメントは投稿されていませんが、VRデバイスなどインタラクティブなゲーミング機器に期待しているユーザーにとっては、今後の動向が気になるアイテムなのではないでしょうか。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. クラウドゲームサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」2019年冬より始動ーソフトバンクとNVIDIAが協業

    クラウドゲームサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」2019年冬より始動ーソフトバンクとNVIDIAが協業

  2. HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

    HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

  3. さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

    さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

  4. 「メガドライブミニ」に『ダライアス』を完全新規で移植! アーケードにいないボスも収録

  5. ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」TGS2019にてプレイアブル展示!

  6. 安定感がウリの「USB アクリルアーケードスティック」11,999円で発売開始

  7. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  8. 『SEKIRO』テーマの「GeForce RTX 2060」カスタムPCが凄い!和とサイバーの見事な融合

  9. “VRは失速している”海外メディアのVR衰退論にHTCが反論―「最高の売れ行きで完売状態にある」

  10. 「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

アクセスランキングをもっと見る

page top