【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート

12月6日、ラスベガスの「PlayStation Experience」で行われたVRパネルセッションのレポートをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート
  • 【PSX】モーフィアス開発秘話や将来的機能の話題も―VRパネルセッションレポート

12月6日、ラスベガスの「PlayStation Experience」で行われたVRパネルセッションのレポートをお届けします。

パネルには、SCEワールドワイド・スタジオ代表の吉田修平氏、SCEA Magic Lab取締役のRichard Marks氏、Spermassive Games常務取締役のPete Samuels氏、SCEロンドン・スタジオ取締役のDave Ranyard氏が登壇し、「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」についてのセッションが行われました。


まず、Morpheusの開発中の映像を披露。これは、Morpheusのプロトタイプを一般女性にプレイしてもらうというもので、プレイ体験からどのような反応を示すのかを映したものです。Ranyard氏の説明によると、この女性は自身の母親であるそうです。

30年前から同じような技術があるのに、なぜ今再びVRを実現しようとしたのかという問いに対して、クオリティの高いディスプレイの低価格化や、センサーやカメラを使ったトラッキングテクノロジーの発達により、低コストで非常にレベルの高いことができるようになったのが理由であるとMarks氏は語りました。また、任天堂のバーチャルボーイを例として、昔のVR技術は赤色のものしか立体視にできなかったが、今はもっと高度なことが可能になった点も挙げました。


続いてMorpheus開発の始まりに関して、もともとSCEの開発スタジオのメンバーによる部活動のようなものだったという事実が吉田氏から語られました。PS3向けモーションコントローラーであるPS Moveの開発後に、何人かのメンバーが仕事後の個人的な活動としてPS Moveとヘッド・マウント・ディスプレイを合体させたハンドメイドのVRシステムを作っていたそうで、仕事を終えたプログラマー達も参加してPS3で動く『ゴッド・オブ・ウォー』のVRデモまで製作していたとのことです。

スタジオのメンバーに勧められてそのVRシステムをプレイした吉田氏は、ディスプレイ越しに見ると自分の体が『ゴッド・オブ・ウォー』のクレイトスになっていたことに大変感動したそうです。その後、彼らはカメラ機能を外したVRデモを開発し、日本の本社から正式な承認を得て「Project Morpheus」という大きなプロジェクトに変わったと語られました。


しかし、当時の現行機であったPS3では十分なパフォーマンスが発揮されないと判断し、次世代機であるPS4向けの周辺機器として開発をすることになったそうです。また、Playstation Cameraはモーフィアスのトラッキングに必要な機器であるためにPS4の付属品となりましたが、多くの人からなぜほとんどのタイトルに対応していないPlaystation Cameraを本体に付属しているのかという質問をPS4リリース時にされ、当時未発表であったMorpheusのためであると説明することができず苦い思いをしたとも語っています。

Morpheusのゲーム以外の活用については、吉田氏がすでにVRコンテンツに興味を持っているハリウッドの映画会社にアプローチを行っているとのことで、将来的にはPSNを通してVRに対応した3D映画やTV番組などを観れるようにする計画があることも明らかにしています。

様々な可能性を秘めた「Project Morpheus」が一体どんな未来を体験させてくれるのか、発売まで一日千秋の思いが続きそうです。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新価格版『北斗が如く』2019年8月8日発売決定!爽快な秘孔アクションで世紀末な歓楽街を遊び尽くせ

    新価格版『北斗が如く』2019年8月8日発売決定!爽快な秘孔アクションで世紀末な歓楽街を遊び尽くせ

  2. ローグヴァニア『Dead Cells』販売本数が200万本を突破!コンソール向け無料DLCの配信が開始

    ローグヴァニア『Dead Cells』販売本数が200万本を突破!コンソール向け無料DLCの配信が開始

  3. スイッチ『マッチョでポン! ZZ』5月30日発売―いつでもどこでも“君だけのマッチョ”を作ろう!

    スイッチ『マッチョでポン! ZZ』5月30日発売―いつでもどこでも“君だけのマッチョ”を作ろう!

  4. 「Nintendo Switch ポケモン Let's Go! ピカチュウ・イーブイセット」再販開始!相棒デザインの特別仕様をこの機会に

  5. 『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

  6. みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

  7. 『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

  8. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

  9. 『オーバーウォッチ』“ワークショップ”機能が一般公開!新たなゲームルールが自作可能に

  10. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top