米オバマ大統領が新サイバーセキュリティ法を提案、DDoS攻撃対策も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米オバマ大統領が新サイバーセキュリティ法を提案、DDoS攻撃対策も

映画『The Interview』に関する北朝鮮のサイバー攻撃、PSNやXbox LiveなどゲームサーバーへのDDoS攻撃などサイバー犯罪が目立った2014年。本日、米国のオバマ大統領は、これらの問題に対処する新サイバーセキュリティ法を提案し、対策についての概要を明らかにしました。

ニュース 発表
米オバマ大統領が新サイバーセキュリティ法を提案、DDoS攻撃対策も
  • 米オバマ大統領が新サイバーセキュリティ法を提案、DDoS攻撃対策も

映画『The Interview』に関する北朝鮮からのサイバー攻撃、PlayStation NetworkやXbox LiveなどゲームサーバーへのDDoS攻撃などサイバー犯罪が目立った2014年。本日、米国のバラク・オバマ大統領は、これらの問題に対処する新サイバーセキュリティ法を提案し、対策についての概要を明らかにしました。

サイバーセキュリティ法案の概要は、「サイバーセキュリティに対する情報共有の有効化」、「サイバー犯罪に対抗するために法執行機関の近代化」、「ナショナルデータ侵害の報告」の3つです。

この3つの中で、特にゲーマーで注目されているのは「サイバー犯罪に対抗するために法執行機関の近代化」という項目。具体的に下記のような提案が行われています。

  • ボットネット販売に対する訴追の許可
  • 個人情報の流出に用いられるスパイウェア販売を阻止するために、連邦法執行権限の拡大
  • DoS攻撃やDDoS攻撃に関わるボットネットなどをシャットダウンする権限を裁判所に与える

企業レベルでの対処が非常に難しいDDoS攻撃に対して、国家レベルでの対処が示されたことはゲーマーにとって朗報なのではないでしょうか。この法案に対して、ワシントンのThe Entertainment Software Association(エンターテインメントソフトウェア協会)は、支持する声明を発表しています。

上記の対策を行ったとしても、DDoS攻撃に対処することは難しく、これらの対策がどの程度の効果をあげるかは未知数。とはいえ、対処の姿勢を示したことは、サイバー攻撃対策に対する重要な第1歩であるように思われます。

昨今DDoS攻撃に悩まされていたゲーマーも無関係ではないこの法案。米国でどういった議論が行われていくのか、動向に注目しておく必要がありそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

    『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

  2. 『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

    『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

  3. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

    『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  4. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  5. 『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮

  8. 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』8月1日発売!あの名作が鮮やかに復活

  9. 「NEOGEO mini サムライスピリッツ限定セット」6月27日発売決定!『サムスピ』シリーズ6作品をはじめとする全40作品収録

  10. アポロ11号の月面着陸50周年にあわせたSteam「宇宙探索セール」開催!『Prey』や『No Man's Sky』など対象

アクセスランキングをもっと見る

page top