海外サイトが選ぶ『ホラーゲームじゃないのに怖すぎるシーン』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『ホラーゲームじゃないのに怖すぎるシーン』TOP10

海外ゲームサイトのGameranxが「ホラーゲームではないのに怖すぎるシーン」をTOP10形式で選出しています。

ゲーム文化 カルチャー
海外サイトが選ぶ『ホラーゲームじゃないのに怖すぎるシーン』TOP10
  • 海外サイトが選ぶ『ホラーゲームじゃないのに怖すぎるシーン』TOP10

海外ゲームサイトのGameranxが「ホラーゲームではないのに怖すぎるシーン」をTOP10形式で選出しています。RPGからアクション、アドベンチャーなど、ホラーゲーム以外の様々なジャンルの中から怖すぎるシーンがランクイン。国内ゲーマーの間でも馴染み深いタイトルが多いので、動画で紹介されているシーンを実際に体験した方も多いのではないでしょうか。

動画内のランキングは以下の通りです。尚、該当のシーンは作品の内容に抵触する部分も含まれているので、ネタバレを気にする方は閲覧にご注意ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

    10. 『ポケットモンスター XY』― エレベーター近くに出現する幽霊
    9. 『ドラッグ オン ドラグーン』― 赤ちゃん
    8. 『Fallout 3』― デスクロー
    7. 『Quake 4』― 人体改造シーン
    6. 『HEAVY RAIN』― 指切断シーン
    5. 『BioShock』― メディカルパビリオンで背後に立つスプライサー
    4. 『Fallout 3』― 食人族が住む町
    3. 『メタルギアソリッド3』― スネークの夢
    2. 『Fable II』― ウィンターロッジ
    1. 『ハーフライフ2』― レーベンホルム
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  7. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  8. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

アクセスランキングをもっと見る

page top