音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン

『BioShock』シリーズや『Rock Band』、『Dead Space』の開発に携わったベテランが在籍するインディーデベロッパーThe Deep End Gamesは、PC向けの新作アドベンチャーゲーム『Perception』のKickstarterキャンペーンを開始しました。

ゲーム文化 クラウドファンディング
音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン
  • 音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン
  • 音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン
  • 音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン
  • 音で世界を見る新作ADV『Perception』がキックスタート―開発は『BioShock』などを手がけたベテラン

『BioShock』シリーズや『Rock Band』、『Dead Space』の開発に携わったベテランが在籍するインディーデベロッパーThe Deep End Gamesは、PC向けの新作アドベンチャーゲーム『Perception』のKickstarterキャンペーンを開始しました。

本作の主人公は鋭い聴覚によってエコロケーションが可能な盲目の女性Cassie。彼女は放棄された邸宅が登場する悪夢に悩まされていましたが、その場所が実在している事を発見します。邸宅には何世代にもわたり住人を苦しめてきた恐ろしい存在が住み着いており、その存在は今Cassieを狙っています。犠牲になりたくなければ、邸宅の謎を解かなければなりません。


主人公が盲目であるため何もしなければ視界は真っ暗で何も見えません。プレイヤーは杖を使って音を立て、その反響音で周囲の状況を可視化します。しかしながら音を立てすぎると敵に発見される危険性が高まります。もし発見されてしまったら急いで逃げて、どこかに隠れる必要があります。プレイヤーは大時計の鐘を鳴らしたり、花瓶を投げたり、家の中にあるものを使って敵の気をそらす事もできるそうです。


また、残された証拠の調査にはスマートフォンを利用します。そして謎を解くピースが組み上がっていくと彼女は時代を遡り、各時代で諸悪の根源に対処していきます。邸宅は時代に合わせて建築様式や装飾も変化、新たな疑問や新たな脅威も登場します。


『Perception』は2016年にリリース予定。Kickstarterの目標金額は150,000ドルです。また、Mac/Linux版のリリースや追加モード、VRサポートなどが拡張ゴールとして設定されています。PS4やXbox Oneでのリリースも計画されているようです。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  7. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  8. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

アクセスランキングをもっと見る

page top