米博物館が選定したゲームの殿堂6作品が決定―『マリオ』と『パックマン』も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米博物館が選定したゲームの殿堂6作品が決定―『マリオ』と『パックマン』も

アメリカのストロング国立演劇博物館が新設した「ビデオゲームの栄誉の殿堂(World Video Game Hall of Fame)」。4月に発表されたファイナリスト15作品の中から、殿堂入りとなる6作品が選出されました。

ニュース ゲーム業界
米博物館が選定したゲームの殿堂6作品が決定―『マリオ』と『パックマン』も
  • 米博物館が選定したゲームの殿堂6作品が決定―『マリオ』と『パックマン』も
  • 米博物館が選定したゲームの殿堂6作品が決定―『マリオ』と『パックマン』も

アメリカのストロング国立演劇博物館が新設した「ビデオゲームの栄誉の殿堂(World Video Game Hall of Fame)」。今年4月に発表されたファイナリスト15作品の中から、殿堂入りとなる6作品が選出されました。
    殿堂入り作品

  • DOOM』:id Software(1993年)

  • Pac-Man(パックマン)』:バンダイナムコ(1980年)

  • Pong』:アタリ(1972年)

  • Super Mario Bros.(スーパーマリオブラザーズ)』:任天堂(1985年)

  • Tetris』:Alexey Pajitnov(1984年)

  • World of Warcraft』:Blizzard Entertainment(2004年)

これらの殿堂入り作品はストロング国立演劇博物館で恒久的に展示されるとのこと。なお、最終選考は学者やジャーナリストなど、専門家で編成された選考委員会によって行われ、選考には以下の基準が用いられています。
    ■選定基準

  • 認知度:ゲームが広く認知されていること。
  • 期間:一時的な流行以上のもので、長い時間親しまれてきたもの。
  • 地理的範囲:国境を超えて上記の基準を満たしているもの。
  • 影響力:他のゲームの開発に影響を与えたもの。他のエンターテイメント分野に影響を与えたもの。一般的な大衆文化や社会に大きな影響を与えたもの。必ずしも三つの条件を全て満たす必要はなく、基準に基づいていれば良い。

『スーパーマリオブラザーズ』と『パックマン』、言わずと知れた国産タイトルが殿堂入りを果たした「ビデオゲームの栄誉の殿堂」。ストロング国立演劇博物館では2016年3月31日まで次なる殿堂入り作品の推薦を受付中です。「これは殿堂入りするべきだ!」と思うタイトルがあれば、推薦してみてはいかがでしょうか。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  3. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  4. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  5. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  6. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  7. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  8. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  9. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  10. 『FF7 リメイク』発売日が変更ー3月3日から4月10日へ

アクセスランキングをもっと見る

page top