80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定

ハリウッド俳優としての活動もすっかり板についたWWEスーパースター、“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンですが、新たに80年代アーケードゲーム『Rampage』を実写化する新作映画への出演が決定しました。

ゲーム文化 その他
80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定
  • 80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定
  • 80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定
  • 80年代アーケードゲーム『Rampage』の実写化映画にロック様が出演決定

ハリウッド俳優としての活動もすっかり板についたWWEスーパースター、“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンですが、新たに80年代アーケードゲーム『Rampage』を実写化する新作映画への出演が決定しました。

同映画はニュー・ライン・シネマ製作で、脚本は『フライト・ゲーム(Non-Stop)』のライアン・エングルが担当。これまでにもドウェイン・ジョンソン出演の映画を手がけてきたボー・フリンがプロデューサーを努めます。


ドウェイン・ジョンソン

『Rampage』は1986年に海外アーケード向けに登場した作品。人間から突然変異した巨大怪物が暴れ回り街を破壊しまくるというアクションゲームで、その後もいくつかのシリーズ作品が発売されています。

映画では怪物から街を守る様子が描かれるのか、はたまた怪物に変異してしまう人間の姿を描くのか。現時点でどのような物語になるのかは伝えられておらず、ドウェイン・ジョンソンの役どころも不明です。


実写映画版『Rampage』は2016年夏より製作開始予定です。ちなみにドウェイン・ジョンソンがゲーム実写化映画に出演するのは、2005年公開の『DOOM』に続いて2度目となります。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』悪質なチーターにBANの裁きが下る瞬間、劇撮―開発者も確認

    『Apex Legends』悪質なチーターにBANの裁きが下る瞬間、劇撮―開発者も確認

  2. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

    レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  3. これはかわいい!0~2歳児向け絵本「スライムぴぴぴ」予約開始

    これはかわいい!0~2歳児向け絵本「スライムぴぴぴ」予約開始

  4. Spotifyなどで『レッド・デッド・リデンプション2』オリジナルサントラが配信、別音源も今夏リリース

  5. 『GTA SA』CJのセリフ「クソ!ゼロからやり直しかよ」が海外で流行中―イライラを表現するのに最適?

  6. 『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす

  7. 『ゴッド・オブ・ウォー』不死の力を持つ男「バルドル」の鬼気迫るスタチューが予約開始

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 映画「ソニック・ザ・ムービー」制作陣がデザイン変更に言及―新たな姿は「ファンも喜ぶと思う」

アクセスランキングをもっと見る

page top