『Call of Duty』の第二次世界大戦への回帰は「確実に起こりうる」―Activision CEOが語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty』の第二次世界大戦への回帰は「確実に起こりうる」―Activision CEOが語る

ニュース ゲーム業界

『Call of Duty』の第二次世界大戦への回帰は「確実に起こりうる」―Activision CEOが語る
  • 『Call of Duty』の第二次世界大戦への回帰は「確実に起こりうる」―Activision CEOが語る

11月には最新作『Black Ops 3』の発売が予定されている人気ミリタリーシューターシリーズ『Call of Duty』。本作は世界的なヒットを続けているものの、近年の作品の舞台は現代以降~近未来設定が続いており、シリーズ初期のような第二次世界大戦を舞台にした新作の登場を望む声も多く上がっています。

海外サイトIGNはそうしたファンの声を伝えるべく、パブリッシャーであるActivisionのCEO Eric Hirshberg氏を直撃。そして『Call of Duty』シリーズが第二次世界大戦へと回帰するかどうかを尋ねたところ、Hirshberg氏は「確実に起こりうる」と答えました。


初代『Call of Duty』トレイラー

また、Hirshberg氏は、“何年もかけて製作された同種の映画が同時期に公開されることがある”という例を挙げるとともに、「成長したジャンルの中で技術革新と新しいアイデアを求めれば、最終的に複数の人が時代設定を変更するという結論にたどり着くでしょう。もちろんそれは古いものをもう一度新しくする機会を与えると思います」と説明。『Medal of Honor』や『Call of Duty』、『Battlefield』など、第二次世界大戦を舞台にしたゲームが定期的にリリースされていたような時代が再び到来する可能性を示唆しています。


1960年代が舞台の『Call of Duty: Black Ops』では、回想として第二次世界大戦時代のミッションが登場

Infinity Ward、Treyarch、Sledgehammer Gamesの3社によって3年サイクルで開発されている『Call of Duty』シリーズですが、2016年発売予定の次回作はシリーズを生み出したInfinity Wardが担当。現時点ではどのような内容になるかは明かされておらず、今後の続報に注目が集まります。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 72 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  6. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  9. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  10. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

アクセスランキングをもっと見る

page top