もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。

ゲーム文化 カルチャー
もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

シリーズ最新作『Fallout 4』のゲームプレイトレイラー

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。


初代『Fallout』

8月31日にリリースされたSci-FiホラーアドベンチャーSTASISは、そんな初期作品に大きな影響を受けているということで、作者のChris Bischoff氏が『STASIS』リリース記念とクラシック作品への愛をこめて、『Fallout 4』を斜め見下ろし視点で表現しました。


『Fallout』シリーズを初期から遊んでいる方やクラシックゲーム好きの方は、このアートを見て非常に懐かしい気持ちになるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  2. もっとゲームに集中できる!?ゲーミングピーナッツバターが登場―メーカーは「頭がおかしくなったのでは?」と驚愕

    もっとゲームに集中できる!?ゲーミングピーナッツバターが登場―メーカーは「頭がおかしくなったのでは?」と驚愕

  3. 霧に覆われた世界で生き延びる終末サバイバル『Lost Scavenger』早期アクセス開始!

    霧に覆われた世界で生き延びる終末サバイバル『Lost Scavenger』早期アクセス開始!

  4. 【コスプレ】弾幕はパワーだぜ!『東方Project』魔理沙に扮する注目レイヤー・あぐり【写真10枚】

  5. ホラーRPG『恐怖の世界』グッズがFangamerに登場!シャツやバッグ、マスクが剥がれるピンバッジまで

  6. 【日本円で約7兆円】2021年アメリカでゲーム関連に消費された総額が過去最高の604億ドルを記録

  7. 任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. クレイトスがイケオジに!PC版『ゴッド・オブ・ウォー』ボサボサ顎髭を削除するModが登場

  10. 中華ダークファンタジーなローグライクACT『暖雪 Warm Snow』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top