死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場
  • 死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場
  • 死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場
  • 死んだらプレイ不可!超ハードコアサバイバル『One Life』がSteam Greenlightに登場

インディーデベロッパーKefir!が開発するサバイバルタイトル『One Life』が、Steam Greenlightに登場。超ハードコアなゲームシステムに注目が寄せられています。

『H1Z1』や『Rust』などブームとなって久しいサバイバルジャンル。そんな中でSteam Greenlightに登場した『One Life』は真の意味での「パーマネントデス(永久の死)」を特徴としており、ゲームでキャラクターが死ぬと削除されるどころか、ゲームが起動できなくなるシステムが組み込まれています。


クラシックなサバイバルゲームシステムを踏襲しており、移動式基地となるアップグレード可能なバトルトラック、クラフトシステムなども搭載。敵を倒した際、プレイヤーを捕らえたり、屈辱的な行動を取らせたりといったことも可能で、かなり過激なプレイスタイルも取れそうです。

ゲームでの死はSteamアカウントに結び付けられており、前述した通りゲームを起動できなくなります。Steamのシステム上ゲームを再購入することも出来ないので、そのアカウントでは『One Life』がプレイ不能になるとのことです。


ユニークなパーマネントデスシステムですが、チート対策問題や、2時間以内に死亡して起動できなくなった場合、Steamの返金システムが利用でき、それを悪用した荒らし行為が氾濫するのではないかといった懸念が上がっている様子。Steam Greenlightを通過することが出来るのか、そしてパーマネントデスシステムが正常に機能するのか、今後の動向に注目が寄せられそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 80 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  2. フロム名作死にゲー『Bloodborne』figma化第2弾「時計塔のマリア」発表

    フロム名作死にゲー『Bloodborne』figma化第2弾「時計塔のマリア」発表

  3. 日本人教師と高校生の教え子が制作した短編ホラー『Evie』配信中―わずか3か月で開発

    日本人教師と高校生の教え子が制作した短編ホラー『Evie』配信中―わずか3か月で開発

  4. 『スプラトゥーン』ガールがfigma化!―パーツ交換で『2』バージョンに

  5. ヒーローはカワイイ子犬たち?『オーバーウォッチ』旧正月テーマの謎の新イベントがまもなく開催

  6. 『トゥームレイダー』ララ・クロフトが衝撃バービー人形デビュー!実写映画新作に合わせ

  7. 『ゼルダの伝説 BotW』「ガーディアン」ねんどろいど化―「ピッ…!」という機械音が…

  8. ロック様VS巨大ゴリラ!?ゲーム原作映画「RAMPAGE 巨獣大乱闘」国内公開日決定!

  9. 話題尽きぬ「e-Sports」討論企画がAbemaPrimeで2月20日放送予定

  10. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top