『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった―ジョン・カーペンター監督が語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった―ジョン・カーペンター監督が語る

小島監督の代表的作品のひとつ『METAL GEAR』シリーズ。その主人公であるスネークのモデルとなったスネーク・プリスキンが登場する映画「ニューヨーク1997」の監督ジョン・カーペンター氏が、『METAL GEAR SOLID』に対する訴訟の可能性があったと語りました。

ゲーム文化 カルチャー
『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった―ジョン・カーペンター監督が語る
  • 『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった―ジョン・カーペンター監督が語る
小島監督の代表的作品のひとつ『METAL GEAR』シリーズ。その主人公であるスネークのモデルとなったスネーク・プリスキンが登場する映画「ニューヨーク1997」の監督ジョン・カーペンター氏が、『METAL GEAR SOLID』に対する訴訟の可能性があったと語りました。

これは海外の映画系メディアHollywood Reporterのインタビューでカーペンター監督が、リュック・ベッソン監督が脚本を担当した映画「ロックアウト」訴訟に関連して語ったもの。「ロックアウト」は「ニューヨーク1997」と余りにも似ているとして、フランスにて訴訟に発展しており、裁判の結果「ロックアウト」側に8万ユーロの支払いが命じられていました。

関連した質問で「他にもこうした問題はありますか?」と投げかけられたカーペンター監督は、『METAL GEAR SOLID』もその1つだったと語りました。フランスのテレビ局Canal Plusが『METAL GEAR』訴訟をカーペンター監督へと打診したものの、小島監督と面識がある上に「私にとってナイスガイな人物」と評価しており、訴えることはしなかったと振り返っています。

ちなみに過去の海外報道では、カーペンター監督に『METAL GEAR』シリーズを認めてもらうよう小島監督が手紙を送ったことが報じられていました。また、『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』ではカーペンター監督からのコメントも寄せられており、2人の監督の良好な関係がうかがえます。

UPDATE: 記事初出時、映画名を誤っていたため訂正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  2. 『モータルコンバット』科学検証番組の第1弾が公開! サブゼロのフェイタリティに挑戦

    『モータルコンバット』科学検証番組の第1弾が公開! サブゼロのフェイタリティに挑戦

  3. 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

    『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

  4. 『ショベルナイト』残り2つの拡張DLCの配信が延期に―パッケージ版やamiiboパックも

  5. 『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

  6. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  7. TRPG版『ウィッチャー』の無料バージョン「Easy Mode」発表、現地時間6月15日リリース

  8. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  9. 『マインクラフト』最新Snapshotで動画鑑賞が可能に―映画館作りも夢じゃない!

  10. ハズブロ、『オーバーウォッチ』コラボフィギュア正式発表―トレーサーやソルジャー76など7体がフィギュア化

アクセスランキングをもっと見る

page top