「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成

近年、利便性や多様性の向上により、利用する方や使う機会が増えてきている電子マネー。交通機関の乗り降りに使う場合や、ちょっとした買い物の時にも活躍してくれます。ゲームユーザーならば、DLソフトやDLCなどの購入の際に活用する方もいることでしょう。

ゲーム文化 カルチャー
「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
  • 「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
  • 「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
  • 「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
  • 「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
  • 「タイトーステーション」ゲームの“電子マネー払い”定着か、まもなく400万回達成
近年、利便性や多様性の向上により、利用する方や使う機会が増えてきている電子マネー。交通機関の乗り降りに使う場合や、ちょっとした買い物の時にも活躍してくれます。ゲームユーザーならば、DLソフトやDLCなどの購入の際に活用する方もいることでしょう。

お釣りの小銭を受け取るといった、決済時の煩わしさが解消できるのも大きな魅力のひとつ。特にアミューズメント施設などでは、両替の手間も省けるといった更なる利便性の向上に繋がる試みとして、これまで大きな注目を集めてきました。

アミューズメント施設では、設備ごとに利用料金が異なるものもあります。ですが電子マネーならば、端末にかざすだけで決済が可能。個々の金額に合わせて小銭を用意する必要がないため、利用者側にとっても大きなメリットがあります。また店舗側も、価格や消費税の変動などに応対できるため、より柔軟なサービスや経営に臨むことができます。


アミューズメント業界においても活躍が期待されている電子マネーですが、これまでの成果が実を結んだとも言える発表が、このたびタイトーから寄せられました。同社は2015年5月より、アミューズメント業界では初となるマルチ電子マネーの端末を導入。各店舗への展開を順次拡大しており、来月2月上旬に電子マネーによる決済件数が400万回を達成するとの見込みを明かしました。この記録は、導入から約8ヶ月での達成となります。


昨年11月からは交通系電子マネーに対応しており、利用できる電子マネーの種類が増えたことで、1日あたりの決済回数が好調に推移したことが一因として挙げられています。2016年3月末までに45店舗、約9,800台の導入が予定されているため、今後はこれまで以上のペースで決済回数が増加するとしています。

この流れの追い風となりそうな、400万回達成を記念する感謝セールが、期間限定で実施されます。電子マネーを利用する場合、ゲームのプレイ料金が最大で50%割引となるので、これまで使用していなかった方もこの機会に触れてみてはいかがでしょうか。価格や割引率はゲーム機ごとに異なるので、詳しくは対象ゲーム機に掲示してあるPOPをご確認ください。



(C)TAITO CORPORATION 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

    頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

  2. SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

    SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

  3. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

    『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  4. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  5. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  6. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  7. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  8. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  9. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  10. スケボーゲーム『Skater XL』は7月に正式リリース! プロスケーターの登場も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top