「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告

海外メディアGameSpotより、PlayStation VRやOculus Rift、HTC Viveを始めとしたVRデバイスの購入意欲にまつわる調査結果が報告されています。

ゲーム機 VR
「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告
  • 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告
  • 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告
  • 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大―海外調査報告

海外メディアGameSpotより、PlayStation VRやOculus Rift、HTC Viveを始めとしたVRデバイスの購入意欲にまつわる調査結果が報告されています。

海外リサーチ企業B/HIおよびListen Researchの報告によれば、1週間に5時間以上ゲームをプレイするユーザー300人のうち74%がVRデバイスの購入を検討しており、60%が「プレゼントとして貰いたい」と考えているとのこと。「コンソール機専門のユーザー」で購入意欲を持っているのは75%、「PC専門のユーザー」では73%とほぼ同等の数字を示しています。


また、調査対象者のうち40%はVRデバイスで更なる展開が期待されるジャンルとして「RPG」を挙げており、次点が「FPS」の39%、「スポーツゲーム」が38%を占めているのだとか。また、55%が「VR映画鑑賞」に興味を示し、49%が「VRスポーツゲーム」に関心を持っているとも明かされています。


ゲームプレイのみならず実生活にも響きそうな「VR酔い」を危惧するユーザーは42%を占めています。「PlayStation VR」は44,980円(カメラ同梱版は49,980円)、「Oculus Rift」は94,600円、「HTC Vive」は99,815円でそれぞれ国内で提供予定とされていますが、その価格設定に不安を感じるユーザーは全体の61%にも上るとのこと。ゲーム体験に新たな感覚をもたらすであろう各種VRデバイスですが、不安点を抱えられながらもその全体的な購買意欲は高く、ビデオゲーム文化に新風を吹き込むような展開が期待されます。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VRゲーム定額サービス「VIVEPORT Infinity」は4月にローンチ―開発者の収益分配率も引き上げ

    VRゲーム定額サービス「VIVEPORT Infinity」は4月にローンチ―開発者の収益分配率も引き上げ

  2. XB1向けタイトルが遊べるクラウドゲームストリーミング「Project xCloud」2019年内に公開テスト実施【UPDATE】

    XB1向けタイトルが遊べるクラウドゲームストリーミング「Project xCloud」2019年内に公開テスト実施【UPDATE】

  3. 「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

    「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

  4. マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート

  5. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  6. 爆乳美少女シューター『閃乱カグラ Peach Beach Splash』PC版がVR対応!セールも開催に―アンチチート“VAC”も実装

  7. 『Atomic Heart』VRスピンオフ『Soviet Lunapark VR』の開発とサポートが終了―販売も停止へ

  8. Unityエディターが日本語対応へ!プレビュー版も配信中

  9. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

  10. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top