稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」

タイトーは『電車でGO!』の稼働20周年を記念し、“電車運転シミュレーター”から“電車運転士体験ゲーム”として進化した最新作『電車でGO!!』を発表しました。

ゲーム文化 アーケード
稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」
  • 稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」
  • 稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」
  • 稼働20周年記念の最新作『電車でGO!!』発表!巨大な筐体で味わう至高の「運転士体験」
タイトーは『電車でGO!』の稼働20周年を記念し、“電車運転シミュレーター”から“電車運転士体験ゲーム”として進化した最新作『電車でGO!!』を発表しました。

運転席を模した全高216cm、全幅260cmの巨大な箱型筐体には、本物そっくりな車両数表示などが施され、正面には55インチ、両側には43インチ、手元にはメーター等を表示するモニターと計4つのモニターを装備。さらに、4つのスピーカーからはリアルな音声が流れます。また、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークスの協力を得たという本作では、アンリアルエンジン4を用い、あたかも実写のような美麗グラフィックスが描かれるとのことです。

本作ではストーリー要素が盛り込まれており、オンラインアップデートでの路線等の追加も予定。さらに、電車モチーフのパズルアプリを配信予定。アーケード版との連動要素もあるそうです。「ナノブロック」やジョルダンの「乗換案内」、交友社の「鉄道ファン」とのタイアップも企画されているとのこと。

稼働予定は2017年。これからの詳細発表に期待しましょう。
《末永 拓也》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  2. 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

    『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

  3. 『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

    『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

  4. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  5. TRPG版『ウィッチャー』の無料バージョン「Easy Mode」発表、現地時間6月15日リリース

  6. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  7. 『35MM』開発者による新作サイバーパンクADV『7th Sector』Steamページ公開

  8. 『マインクラフト』最新Snapshotで動画鑑賞が可能に―映画館作りも夢じゃない!

  9. ハズブロ、『オーバーウォッチ』コラボフィギュア正式発表―トレーサーやソルジャー76など7体がフィギュア化

  10. 『Apex Legends』Twitchでも爆発的な人気―視聴者数で『フォートナイト』を引き離して1位に

アクセスランキングをもっと見る

page top