Wii U/3DS版『ショベルナイト』公式サイトにチートコード出現―でも一体どこに…!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wii U/3DS版『ショベルナイト』公式サイトにチートコード出現―でも一体どこに…!?

任天堂は、ヨットクラブ ゲームズのWii U/3DS向け横スクロールアクション『ショベルナイト(Shovel Knight)』のチートコードを公式サイトにて公開しました。

ニュース 発表
Wii U/3DS版『ショベルナイト』公式サイトにチートコード出現―でも一体どこに…!?
  • Wii U/3DS版『ショベルナイト』公式サイトにチートコード出現―でも一体どこに…!?
  • Wii U/3DS版『ショベルナイト』公式サイトにチートコード出現―でも一体どこに…!?

任天堂は、ヨットクラブゲームズのWii U/3DS向け横スクロールアクション『ショベルナイト(Shovel Knight)』のチートコードを公式サイトにて公開しました。

『ショベルナイト』は、ショベルを持ったナイトが、多彩なアクションを繰り出しながらステージをクリアしていくゲームです。「The Game Awards 2014」にてBest Independent Gameを受賞したインディー作品でもあります。

今回、本作のWii U/3DS向け公式サイトに、なんとゲームデータを改変するチートコードが記載されたページが出現。ショベルナイトを無敵にさせるものや、ゲームの難易度を高くするものはもちろんのこと、「入力してのお楽しみ」なものまで、多彩なコードが用意されています。

ただし、そのページは、公式サイトのどこかに隠されており、探し当てるには一筋縄ではいかないようです。チートコードの使用方法についても、そのページに書かれています。

数々のお遊び要素が展開されているWii U/3DS版『ショベルナイト』。今後もどのようにしてユーザーを驚かせるのか、引き続き注目したいところですね。
《真ゲマ》

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

    『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

  2. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  3. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

    「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  4. 『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

  5. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  6. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  7. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  8. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  9. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  10. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top