フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

かつてPC利用に欠かせない存在でありながらも、オンラインやUSBメモリの高性能化などで今では姿を見る機会も減った“フロッピーディスク”。そんなフロッピーディスクをなんとコントローラーとして用いるMac向けゲーム『Mr Floppy System's recovery』が発表されました。

ゲーム文化 カルチャー
フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表
  • フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表
  • フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表
  • フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

かつてPC利用に欠かせない存在でありながらも、オンラインやUSBメモリの高性能化などで今では姿を見る機会も減った“フロッピーディスク”。そんなフロッピーディスクをなんとコントローラーとして用いるMac向けゲーム『Mr Floppy System's recovery』が発表されました。

本作は“Alt Ctrl Game Jam”という、ユニークなコントロール方法のゲームを制作するイベントで制作が開始されたもの。イベント参加者のcosmografik氏とOmar Louhichi氏によって制作された本作は、ゲームとしてはシンプルな2Dプラットフォーマーで、主人公のフロッピーを操り、足場を上に登りながらゴール地点を目指す内容です。



特異なのはやはりその操作方法で、3.5インチフロッピーディスク、特にシャッター部分をそのままコントローラーとして用いるものとなっています。動画を見る限りは、操作方法はシャッターを引っ張り続けると片方向へと移動開始、障害物に当たると移動方向が変化、シャッターから手を離すとジャンプといった様子。



フロッピー自体に大きく手を加えずにこれを実現しているのは、繋いだ導電体をPCのキーに変えてしまう“MakeyMakey”と呼ばれる、これまたユニークなデバイス。フロッピーのシャッター部分にバネが仕込まれていることと、操作で金属部分が移動することを利用してコントローラーとしている模様です。




『Mr Floppy System's recovery』はまだ開発中とのことですが、Mac向けにitch.ioにて無料でダウンロード・プレイが可能です。問題のフロッピーディスクコントローラーですが、“MakeyMakey”カード版とワイヤー、そして3.5インチフロッピーディスクがあれば作成可能なようですので、気になる方は写真などを参考にしつつ、自作に挑戦されてみるのもいいのではないでしょうか?
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  2. 2019年の「ネット流行語100」が発表!『Undertale』『スマブラSP』『ポケモン剣盾』などがランクイン

    2019年の「ネット流行語100」が発表!『Undertale』『スマブラSP』『ポケモン剣盾』などがランクイン

  3. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

    実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  4. Netflixドラマ「ウィッチャー」“ゲラルト”“シリラ”“イェネファー”紹介トレイラー公開!

  5. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  6. チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

  7. ネタ満載すぎてどうかしてる『PUBG』カオス編集映像「PUBG.EXE RETURNS」公開!

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  10. 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

アクセスランキングをもっと見る

page top