戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信!

ロシアのインディーデベロッパーRed Unit Studiosが開発しているPC向けデジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』。本作の早期アクセス版がSteamにて配信されました。

ゲーム文化 インディーゲーム
戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信!
  • 戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信!
  • 戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信!
  • 戦国日本デジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』早期アクセス版配信!

ロシアのインディーデベロッパーRed Unit Studiosが開発しているPC向けデジタルボードゲーム『Warbands: Bushido』。本作の早期アクセス版がSteamにて配信されました。

本作は、アイソメトリック視点で進行する卓上スタイルのターンベース式ボードゲームです。ストラテジー要素を備えており、シングルキャンペーン/マルチプレイヤーモードも搭載。ミニチュアフィギュア、カード、サイコロなども登場していて、プリレンダリングされた戦国時代の日本が戦場となります。


いくつかの異なる物語が描かれるストーリー主導のシングルキャンペーンは、『ファイナルファンタジータクティクス』『戦場のヴァルキュリア』といったタイトルに影響を受けているとのことです。Steamページでは、ポルトガル商人が2人の強力な侍の争いを解決していく、というシナリオの一例が紹介されています。

また、マルチプレイヤーモードは、テンポの早い『ハースストーン』のようなゲームプレイを特色としており、『Warmachine』『Mordheim』といった有名ミニチュアゲームの要素も併せ持っているようです。


『Warbands: Bushido』は、PCを対象に、早期アクセス版が698円で販売中。なお、本作は日本語に対応していません。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人「日本esprots促進協会」設立

    日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人「日本esprots促進協会」設立

  2. 『Morrowind』を強化するMod「Morrowind: Rebirth」最大のアップデート到来―制作に数百時間

    『Morrowind』を強化するMod「Morrowind: Rebirth」最大のアップデート到来―制作に数百時間

  3. なんでも作れる『Dreams Universe』今度はX-ウィングとTIEファイター!デス・スターも浮かぶファン映像

    なんでも作れる『Dreams Universe』今度はX-ウィングとTIEファイター!デス・スターも浮かぶファン映像

  4. 海外発売10周年『inFAMOUS』開発初期の新事実が多数判明―仮タイトルやバイクパルクールなど

  5. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  6. VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

  7. 任天堂、「BitSummit 7 Spirits」出展内容を一部公開─カフェ風スペースでは配信中作品をプレイ可能

  8. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  9. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  10. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top