『Halo 5』e-Sportシーンを描くリアリティーショー番組が製作進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo 5』e-Sportシーンを描くリアリティーショー番組が製作進行中

海外メディアを通じて、343 Industriesと海外映像プロダクションが提携し『Halo 5: Guardians』を巡るe-Sportsカルチャーに焦点を当てたリアリティーショーを製作中であることが明かされました。

ゲーム文化 カルチャー
『Halo 5』e-Sportシーンを描くリアリティーショー番組が製作進行中
  • 『Halo 5』e-Sportシーンを描くリアリティーショー番組が製作進行中
  • 『Halo 5』e-Sportシーンを描くリアリティーショー番組が製作進行中

海外メディアを通じて、343 Industriesと海外映像プロダクションが提携し『Halo 5: Guardians』を巡るe-Sportsカルチャーに焦点を当てたリアリティーショーを製作中であることが明かされました。

Varietyによれば、343 Industriesと提携を交わして『Halo 5』番組製作を担当するのはPilgrim Media Groupになるとのこと。343 IndustriesのTransmedia代表Kiki Wolfkill氏は、『Halo 5』のe-Sportsシーンの迫力と凄まじい競技性に焦点を当てた作品を製作するに当り、「世界の『Halo』e-Sportsファンに向けて提供するためのパートナーとして、Pilgrimを超える相手はいない」と強調しました。

『Halo 5』リアリティーショーのプレミア日程は明かされておらず、現段階で配信契約が交わされていないものと報じられています。Valveによる『Dota 2』を題材にしたショートムービー「Free to Play」を始めとして映像作品部門にも手を伸ばしつつあるe-Sportsですが、人気シューター『Halo』を題材にした今作にも大きな注目が集まるのではないでしょうか。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

    近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

  2. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

    映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  3. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

    海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  4. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

  5. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  6. 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

  7. リンクの家やハイラル城まで…『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のマップをレゴだけで再現

  8. プレステ公式が提案するバレンタインデーのあり方―渡すチョコがPS4になる世界線

  9. コズミックホラーRPG『恐怖の世界』Steam早期アクセス開始日決定! 最新トレイラーも披露

  10. Devolver Digitalが「任天堂版PlayStation」向けのゲーム移植チームを募集?果たして真相は

アクセスランキングをもっと見る

page top