e-Sportsチーム「DetonatioN Gaming」がクレディセゾンとのスポンサー契約締結 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

e-Sportsチーム「DetonatioN Gaming」がクレディセゾンとのスポンサー契約締結

プロe-SportsチームDetonatioN Gamingは、株式会社クレディセゾンとのスポンサー契約を締結したことを発表しています。

ゲーム文化 eスポーツ
e-Sportsチーム「DetonatioN Gaming」がクレディセゾンとのスポンサー契約締結
  • e-Sportsチーム「DetonatioN Gaming」がクレディセゾンとのスポンサー契約締結
  • e-Sportsチーム「DetonatioN Gaming」がクレディセゾンとのスポンサー契約締結

プロe-SportsチームDetonatioN Gamingは、クレジットカードの取り扱いを行う株式会社クレディセゾンとのスポンサー契約を締結したことを発表しました。

DetonatioN Gamingは、世界大会出場経験のある国内トップレベルのプロチームです。今回のスポンサー契約締結について、DetonatioN Gaming代表の梅崎伸幸氏は「この度、サッカー日本代表もサポートされておりますクレディセゾン様とスポンサー契約を結べたことを大変嬉しく思います。 DetonatioN Gamingがフォーカスできる若い世代とクレディセゾン様が求める層が上手くマッチングした結果だと思っております。またゴールドカードを希望する選手に同カードを発行して頂けるということで、海外の大会出場が多い我々としては空港でのラウンジ無料などの特典を受けることができ、海外大会渡航前のストレスを少しでも軽減できるメリットを強く感じております。今回のスポンサーを受け、特に海外大会への出場強化を図りたいと思います」とコメント。

クレディセゾンとのスポンサー契約を通じて、DetonatioN Gamingは、便利で安全な決済環境を選手およびe-Sportsユーザーに提供するとともに、選手たちの育成・支援を行っていくとしています。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  5. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  6. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 【週刊トレハン】「歯ブラシでDOOMが動く」2024年2月25日~3月2日の秘宝はこれだ!

  9. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  10. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

アクセスランキングをもっと見る

page top