核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

ゲーム文化 Kickstarter

核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア
  • 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

インディー開発者チームATOM Teamが、新作終末RPG『ATOM RPG』のKickstarterキャンペーンを展開しています。2008年からプロジェクトがスタートしたという本作は、『Fallout』『System Shock』『Deus Ex』『Baldur's Gate』といった、クラシックCRPGからインスパイアされた作品。1986年に核で西側諸国もろとも崩壊したソ連を舞台に、驚異的な世界を探検し生き抜き、地球に残された全てを破壊せんとする謎の陰謀を調べます。


    主な特徴
  • プレイヤーが望むヒーローを作れる、強力なキャラクター生成ツール。
  • 「ガープス」からインスパイアされた、バランスの取れたロールプレイングシステム。各スタットの組み合わせはそれぞれユニークなゲーミング体験、ユニークな対話、新しいクエストの解決法を提供する。
  • ロックピックからギャンブルまで多数のスキル。
  • ゴミで作られた居住地での他の生存者との出会い、突然変異の生物や盗賊が潜む荒野の冒険、古い軍用バンカーでの秘密の発見、景色の良い池での釣りなど、あらゆるロケーションでの数時間のゲームプレイ。
  • 『Fallout』『Fallout 2』にインスパイアされたターンベースの戦闘。
  • 深みのある複数の選択肢用意され、実際の会話のように感じる、多数のユニークなNPCとの対話。
  • 様々な選択肢を含む多数のクエストで、望むようにプレイできる非線形のゲームプレイ。


『ATOM RPG』のKickstarter目標金額は15,000ドル。対象プラットフォームはPC/Mac/Linuxで、2017年8月にSteamにて早期アクセス、2018年2月に正式リリースが予定されています。Kickstarterのキャンペーンページではデモ版が配信中です(ページ中程)。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 見えるものみなブッ壊せ!ゴミ粉砕シム『Crushing Blow』がSteamで配信

    見えるものみなブッ壊せ!ゴミ粉砕シム『Crushing Blow』がSteamで配信

  2. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

    【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  3. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

    動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  4. 『オーバーウォッチ』夏イベント「サマー・ゲーム 2017」スタート!

  5. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  6. 美しすぎる…『オーバーウォッチ』マーシーさん新スキンコスプレ早くも登場!

  7. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  8. 無人島でサバイバル生活!『Stranded Deep』がSteam早期アクセスで配信開始

  9. 【このModがスゴイ】PC版『No Man's Sky』痒い所に手が届くマストなModを2つ紹介!

  10. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top