『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表

開発に参加した作曲家Alex Mauer氏とのトラブルにより、現在Steamでの配信が停止されている『River City Ransom: Underground』ですが、デベロッパーConatus Creativeは今回の件への対応策を発表しました。

ニュース ゲーム業界
『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表
  • 『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表
  • 『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表

開発に参加した作曲家Alex Mauer氏とのトラブルにより、現在Steamでの配信が停止されている『River City Ransom: Underground』ですが、デベロッパーConatus Creativeは今回の件への対応策を発表しました。対応策および同社の主張は以下の通り。

  • 『River City Ransom: Underground』のサウンドトラックを入れ替えることを決定。
  • Alex Mauer氏がConatus CreativeおよびYouTube/Twitchコミュニティーに行ったDMCA侵害通報は不当なもの。
  • Alex Mauer氏の主張(ゲームが彼女の著作権を侵害している)は間違っている。
  • Alex Mauer氏はDino Lionetti氏とRich Vreeland氏との共同制作者という立場。
  • Conatus Creativeの書面によるライセンス契約はRich Vreeland氏とのもので、同氏がDino Lionetti氏とAlex Mauer氏を下請けとして雇った。
  • Rich Vreeland氏は音楽の使用料を均等に支払うことを申し出て、Alex Mauer氏も電子メールで了承。
  • Rich Vreeland氏はAlex Mauer氏に使用料を全額支払ったことを示す文書をConatus Creativeに提示した。
  • Conatus Creativeの弁護士はAlex Mauer氏によるDMCA侵害通報に法的根拠はないと助言している。

Conatus Creativeは同社に非がないことを主張していますが、Alex Mauer氏に対する法的措置は検討していません。というのも、この問題が浮上する前からコンソール版の計画が進められており、もし法的措置に時間と費用を費やすとコンソール版の計画が無期限に保留となってしまうためです。それ故に、今回はサウンドトラックを入れ替えることを決定したとのこと。


2013年にKickstarterキャンペーンを成功させ、ゲームエンジンの作り直しも含め様々な苦難を乗り越えて、2017年2月に遂にリリースとなった『River City Ransom: Underground』。多くの人々の愛が詰まった作品だけに、早期の配信再開が待たれます。
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ハクスラRPG『Titan Quest』無料配布も!THQ Nordic設立10周年記念セールが開催

    ハクスラRPG『Titan Quest』無料配布も!THQ Nordic設立10周年記念セールが開催

  2. すべてのプレイヤーが共存するサンドボックスMMORPG『BitCraft』発表! 冒険家になるのも文明を作るのも自由

    すべてのプレイヤーが共存するサンドボックスMMORPG『BitCraft』発表! 冒険家になるのも文明を作るのも自由

  3. 『スカイリム』10周年を祝うAnniversary Edition発表!ダンジョンやボスなど500以上のユニークコンテンツを追加

    『スカイリム』10周年を祝うAnniversary Edition発表!ダンジョンやボスなど500以上のユニークコンテンツを追加

  4. 【週刊トレハン】「パラッパ vs メトロコップ」2021年9月12日~9月18日の秘宝はこれだ!

  5. 『FF7』正式続編が美しさを増して甦る『FF7 ADVENT CHILDREN COMPLETE』4K HDRリマスター版国内発売決定!

  6. 中国ゲームパブリッシャーNetEaseゲーム開発のプロジェクトを縮小ー当局の規制を受けて

  7. プレイした作品はある? ModDB過去17年間の殿堂入りMod作品リストが公開

  8. 完全新作『テイルズ オブ ルミナリア』発表!シリーズ25周年を締める記念作品―目指すは地に足つけたRPG体験

  9. 週末セール情報ひとまとめ『HITMAN 3』『No Man's Sky』『エルシャダイ』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  10. 自分だけの世界を作ることが出来る人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』の累計販売数が350万を突破

アクセスランキングをもっと見る

page top