【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場

Gamescom 2017において、Ubisoftのドイツ開発スタジオBlue Byteが開発するシミュレーションシリーズ最新作『Anno 1800』が発表されました。

メディア スクリーンショット
【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場
  • 【GC 2017】街作りシム最新作『Anno 1800』発表―蒸気船や動物園が登場

Gamescom 2017において、Ubisoftのドイツ開発スタジオBlue Byteが開発するシミュレーションシリーズ最新作『Anno 1800』が発表されました。

『Anno 1800』はそのタイトル通り、19世紀を舞台にした街作りシミュレーションゲーム。架空の街ではあるものの、この時代に起こった産業革命、帝国主義、植民地支配などの要素がゲームプレイに取り入れています。今まで登場してこなかった蒸気船や動物園などが登場し、植民地から船で動物を連れてきて、動物園で人々に見せるといったことも可能になるようです。



街の住人の様子も細かく描写され、街中ではパレードが行われたり、不満を持った市民たちがストライキを起こすような場面も、窓から家具を放り投げる様子であったり、警察と戦う市民であったりと、細かなアクションを通してしっかりと観察することができます。


また、今作の開発では「Anno Union」というコミュニティを作り、開発に取り入れていくということが発表されました。これは誰でも参加することができ、ゲームを発売前にプレイし、開発チームにフィードバックを送り、ファンと一緒にゲームを完成させるという取り組みです。参加は随時受け付けており、こちらから登録することができます。

マルチプレイヤーモードにも対応するという『Anno 1800』。本作はシリーズ20周年記念として、2018年の冬PC向けに海外発売予定です。
《シュナイデル関》

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. ポストアポカリプスローグライト『Infected Shelter』35分に及ぶ協力プレイを公開―ヘリやロボとの戦闘も

    ポストアポカリプスローグライト『Infected Shelter』35分に及ぶ協力プレイを公開―ヘリやロボとの戦闘も

  2. 『SteamWorld』シリーズのカードゲーム『SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech』海外向けローンチトレイラー公開

    『SteamWorld』シリーズのカードゲーム『SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech』海外向けローンチトレイラー公開

  3. 『Mortal Kombat 11』サブ・ゼロのかつての愛弟子「フロスト」参戦トレイラー!凍える師弟対決も

    『Mortal Kombat 11』サブ・ゼロのかつての愛弟子「フロスト」参戦トレイラー!凍える師弟対決も

  4. この素晴らしき世界…映画版「名探偵ピカチュウ」海外向け新映像!

  5. 『マインクラフト』にも恩恵が…!パストレーシング適用のリアルな自然光が降り注ぐプレイ映像

  6. 『Dead by Daylight』ゲーム終盤を盛り上げる「End Game Collapse」の情報が公開!

  7. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  8. 『RAGE 2』23分に及ぶゲームプレイが海外公開―ド派手な戦闘に空飛ぶ乗り物まで

  9. 発売迫るゾンビCo-opシューター『World War Z』ローンチトレイラー!

  10. Co-opシューター『World War Z』4つ目のキャンペーンマップ「東京」を発表!―トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top