2018年の『Call of Duty』はTreyarch開発の新作に―Activisionが確認 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2018年の『Call of Duty』はTreyarch開発の新作に―Activisionが確認

海外大手パブリッシャーActivisionは、人気FPSシリーズ『Call of Duty』の最新作がTreyarchの開発によるものだと業績発表内で認めました。

ニュース 発表
2018年の『Call of Duty』はTreyarch開発の新作に―Activisionが確認
  • 2018年の『Call of Duty』はTreyarch開発の新作に―Activisionが確認
海外大手パブリッシャーActivisionは、人気FPSシリーズ『Call of Duty』の最新作がTreyarchの開発によるものだと業績発表内で認めました。

現在、『Call of Duty』シリーズは、Infinity Ward/Sledgehammer Games/Treyarchのデベロッパーが順繰りに開発する3年サイクルを採用していますが、2018年は大方の予想通り、Treyarchが開発を務めるとのこと。Activisionは、デベロッパー以上の情報を伝えはしなかったものの、国内外のメディアは最新作が『Call of Duty: Black Ops 4』になるのではないか、と噂しています。

例年通りであれば、『Call of Duty』最新作が正式発表されるのは、E3を見据えた4月から5月あたりが通例であるため、その「姿」を見られるのはもうしばらく待つ必要があるかもしれません。

※サムネイル画像は、『Call of Duty: Black Ops 3』のものです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

    5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  2. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

    『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  3. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

    ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

  4. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  5. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  6. 「Xbox Live Gold」の価格改定が撤回―基本プレイ無料ゲームはGoldメンバー不要になることも決定

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 2Dサバイバル『Don't Starve』開発元Kleiの過半数株式をテンセントが取得することで合意

  9. CD PROJEKTのヘッドAdam Badowski氏がブルームバーグの『サイバーパンク2077』の記事に反応、内容に異議を唱える

  10. ユービーアイソフト ジャパンのスティーヴ・ミラー社長が退職―初代『アサクリ』発売年から14年間勤務【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top