遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始

テンセントは、PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル版『绝地求生: 刺激战场』と『绝地求生: 全军出击』の早期アクセスを開始しています。

アプリゲーム iOS
遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始

テンセントは、PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル版『绝地求生: 刺激战场(PlayerUnknown’s Battlegrounds: Battlefield)』と『绝地求生: 全军出击(同: Army Attack)』の早期アクセスを開始しています。


『绝地求生: 刺激战场』、『绝地求生: 全军出击』ともにiOS/Android対応ですが、iOSではApp Storeの中国アカウントが必要となるため、日本から正規の形でのプレイは難しくなっています。一方、Android版については、“TapTap”というアプリケーションのインストールと、WeChatもしくはQQアカウントの取得を行うことでプレイが可能となっている模様です。


オリジナルさながらの美しいグラフィックも特徴のモバイル版『PUBG』。PC版やXbox One版のプレイが難しかったユーザーに、新たな選択肢が加わったのは嬉しい所でしょう。


『荒野行動』など類似ゲームが先行するモバイル市場に、遂に登場した本家『PUBG』。果たしてモバイル市場でも人気となるかに注目するとともに、iOSでも中国外での正規プレイが可能となることに期待しましょう。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』モバイル版プレイ画面がTwitterで公開ー配信はまもなく

    ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』モバイル版プレイ画面がTwitterで公開ー配信はまもなく

  2. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  3. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  4. 「Steamリンク」iOS版アプリがついに登場!iPhoneでもリモートでSteamゲームが楽しめる

  5. 『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版がテンセントとRiot Gamesにより開発中―海外メディア報道

  6. スマホ向けMMO『リネージュM』プレイレポ―ビジュアルはクラシックながら、整理されたUIで快適に

  7. iOS版『シヴィライゼーション VI』iPhone対応!フルゲーム購入も60%オフ―寝る前に少しだけいかが?

  8. 『デビルメイクライ』中国の開発スタジオが公式モバイル向けタイトルを発表ー海外メディア

  9. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種がさらに拡張!Xperia XZなどが新たに対応

  10. モバイル向け『TES』新作『The Elder Scrolls: Blades』が海外全ユーザーに開放!Bethesda.netアカウントも不要に

アクセスランキングをもっと見る

page top