遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始

テンセントは、PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル版『绝地求生: 刺激战场』と『绝地求生: 全军出击』の早期アクセスを開始しています。

アプリゲーム iOS
遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始
  • 遂に本家が登場!『PUBG』モバイル版2種類とも中国向けに早期アクセス開始

テンセントは、PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル版『绝地求生: 刺激战场(PlayerUnknown’s Battlegrounds: Battlefield)』と『绝地求生: 全军出击(同: Army Attack)』の早期アクセスを開始しています。


『绝地求生: 刺激战场』、『绝地求生: 全军出击』ともにiOS/Android対応ですが、iOSではApp Storeの中国アカウントが必要となるため、日本から正規の形でのプレイは難しくなっています。一方、Android版については、“TapTap”というアプリケーションのインストールと、WeChatもしくはQQアカウントの取得を行うことでプレイが可能となっている模様です。


オリジナルさながらの美しいグラフィックも特徴のモバイル版『PUBG』。PC版やXbox One版のプレイが難しかったユーザーに、新たな選択肢が加わったのは嬉しい所でしょう。


『荒野行動』など類似ゲームが先行するモバイル市場に、遂に登場した本家『PUBG』。果たしてモバイル市場でも人気となるかに注目するとともに、iOSでも中国外での正規プレイが可能となることに期待しましょう。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  2. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  3. スマホ版『ラスト レムナント』配信開始 ― PC版をクラウドで提供、初回30分は無料

    スマホ版『ラスト レムナント』配信開始 ― PC版をクラウドで提供、初回30分は無料

  4. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  5. Android版『フォートナイト』はGoogle Playストアを使用しない―Epic Gamesが直接配信

  6. 噂:『ポケモンGO』第四世代ポケモン実装が計画中か、新PvPやレベルキャップ解放も

  7. 『FF13』や『ラストレムナント』がスマホでプレイ可能に!10月からクラウドサービスとして

  8. 自転車に9台のスマホ、その理由は『ポケモンGO』?台湾在住70歳のヘビーユーザーおじいちゃん

  9. モバイル版『フォートナイト バトルロイヤル』海外発表!PS4/PC/Macとのクロスプレイにも対応へ

  10. モバイル版『ARK: Survival Evolved』が海外配信! いつでもどこでも恐竜サバイバル

アクセスランキングをもっと見る

page top