いったいなぜ…?ポーランド国営テレビで『Wolfenstein 3D』プレイ映像が突然流れるハプニング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

いったいなぜ…?ポーランド国営テレビで『Wolfenstein 3D』プレイ映像が突然流れるハプニング

Redditユーザーより、ポーランド国営テレビ局のニュース番組で『Wolfenstein 3D』のプレイ映像が突如流れていたと報告されています。

ゲーム文化 レトロゲーム
いったいなぜ…?ポーランド国営テレビで『Wolfenstein 3D』プレイ映像が突然流れるハプニング
  • いったいなぜ…?ポーランド国営テレビで『Wolfenstein 3D』プレイ映像が突然流れるハプニング
  • いったいなぜ…?ポーランド国営テレビで『Wolfenstein 3D』プレイ映像が突然流れるハプニング
YouTube:https://youtu.be/OqGEt7FCyvo

Redditユーザーより、ポーランド国営テレビ局のニュース番組で『Wolfenstein 3D』のプレイ映像が突如流れていたと報告されています。

映像はポーランド国営テレビ局のニュース専門チャンネル「TVP info」で放送された「W tyle wizji」3月26日付のもの。専門家たちが時事問題に風刺を交えて論じるこの番組ですが、映像31分ほどから突如として『Wolfenstein 3D』らしきプレイ映像がクローズアップされてしまいます。

文脈に関係ないままキャスターの背後で流れる古典的FPSの様子は、なんともミスマッチ。さまざまな映像が映るスクリーンからひとつが選ばれる背景演出で、『Wolfenstein 3D』以外にもコモドール64版『ランボー』や『International Karate』といったタイトルが見られているとのことです。出演者からのツッコミと謝罪にあわせて映像は切り替えられますが、キャスターの笑顔と並ぶ“B.J.”のキリッとした表情は、きっと一部の視聴者を釘付けにしていたことでしょう。
《キーボード打海》

「キーボードうつみ」と読みます キーボード打海

Game*Spark編集長。『サイバーパンク2077 コレクターズエディション』を持っていることが唯一の自慢で、黄色くて鬼バカでかい紙の箱に圧迫されながら日々を過ごしている。好きなゲームは『絢爛舞踏祭』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ドラマ「Fallout」登場キャラのステータスは?ルーシーからマ・ジューンまでS.P.E.C.I.A.L.の値が公開

    ドラマ「Fallout」登場キャラのステータスは?ルーシーからマ・ジューンまでS.P.E.C.I.A.L.の値が公開

  2. ついにストリーマーたちの戦いが始まる!スト鯖「VCR Rust」でPvPイベントが開催―高低差が重要そうなステージにも注目

    ついにストリーマーたちの戦いが始まる!スト鯖「VCR Rust」でPvPイベントが開催―高低差が重要そうなステージにも注目

  3. 『バルダーズ・ゲート3』続編の可能性について「もう25年もかけたくないが、決断を急ぐつもりもない」ハスブロ幹部―海外メディア取材

    『バルダーズ・ゲート3』続編の可能性について「もう25年もかけたくないが、決断を急ぐつもりもない」ハスブロ幹部―海外メディア取材

  4. 2000年代MMORPG風シングルプレイRPG『Memora Wanderer』Steamストアページ公開―ドット絵+ローポリの懐かしき風体…!だけどひとりで遊べる

  5. 迷宮探索を繰り返して強くなれ!3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』Steamストアページが公開

  6. ドラマ「フォールアウト」ウェイストランドは本物のゴーストタウンと砂漠を用いた撮影だった―実は「怒りのデス・ロード」と同じ砂漠、重なる新旧人気世紀末作品のイメージ

  7. まさかの25年越し裏技発見!N64『悪魔城ドラキュラ黙示録外伝』に仕込まれていた”コナミコマンドじゃないコマンド”、その内容とは

  8. 人気ストリーマー・SHAKAがウクライナ『VALORANT』チーム「NAVI」のウォッチパーティホストに就任…ANGE1応援団長が認められる

  9. 「学業や仕事は続けた方が良い」あるプロゲーマーが約4年間の収入を明かし警鐘鳴らす…成功を逃したあとに「追いつく」ことは難しい

  10. 「一番くじ モンスターハンター 20th Anniversary」発売決定!禁忌モンスター「ミラボレアス」が堂々フィギュア化

アクセスランキングをもっと見る

page top