『DOOM』新作のヒントも?ベセスダPete Hines氏が語るE3 2018への意気込み | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM』新作のヒントも?ベセスダPete Hines氏が語るE3 2018への意気込み

徐々に開催が近づき、各ゲームメーカーの動向が気になる時期にある「E3 2018」ですが、そんな中ベセスダ・ソフトワークスのPete Hines氏がイベント期間中の発表について言及し、『DOOM』シリーズ新作を思わせる発言を見せました。

ニュース
『DOOM』新作のヒントも?ベセスダPete Hines氏が語るE3 2018への意気込み
  • 『DOOM』新作のヒントも?ベセスダPete Hines氏が語るE3 2018への意気込み
徐々に開催が近づき、各ゲームメーカーの動向が気になる時期にある「E3 2018」ですが、そんな中ベセスダ・ソフトワークスのPete Hines氏がイベント期間中の発表について言及し、『DOOM』シリーズ新作を思わせる発言を見せました。

DualSHOCKERSのインタビューに応じたHines氏は「E3でお伝えする新情報がたくさんあると言えます」と話しながら、「人々が分かっているかどうかは別として、(E3は)私達にとってこの世の地獄(Hell On Earth)のような期間です」とコメント。「そのすべてのコンテンツのために沢山の計画を立てて動いている真っ只中ですが、本当に楽しみにしています」と述べました。

「Hell On Earth」というフレーズは「この世の地獄/生き地獄」などを意味しますが、古典的名作シューター『DOOM』を2016年にリブートしていたベセスダが語るところには『DOOM II: Hell on Earth』(1994年リリース)に関連した思惑が感じられると、一部海外メディアで注目されています。

シングルプレイヤーで重厚な物語を体験できる『Prey』やMMORPG『The Elder Scrolls: Online』、モバイル向けの『Fallout Shelter』など多岐にわたる展開を見せてきたベセスダ・ソフトワークスは、現地時間6月10日より「ベセスダ E3ショーケース 2018」を開催予定です。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  2. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

    「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  3. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

    PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  4. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  5. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  6. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  7. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  8. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  9. ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top