IOC委員長、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入へ課題述べる―「殺人テーマのゲームは受け入れられない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

IOC委員長、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入へ課題述べる―「殺人テーマのゲームは受け入れられない」

国際オリンピック委員会(IOC)委員長のトーマス・バッハ氏は、先日行われたアジア競技大会にて、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入への課題があることを海外メディアに対して述べました。

ゲーム文化 e-Sports
IOC委員長、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入へ課題述べる―「殺人テーマのゲームは受け入れられない」
  • IOC委員長、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入へ課題述べる―「殺人テーマのゲームは受け入れられない」
国際オリンピック委員会(IOC)委員長のトーマス・バッハ氏は、先日行われたアジア競技大会にて、e-Sports一部ジャンルのオリンピック導入への課題があることを海外メディアに対して述べました。

先日のアジア競技大会は、MOBA『リーグ・オブ・レジェンド』などが、初めて公式にオリンピック関連イベントでe-Sportsとしてデモ種目採用され話題となっていました。しかしながら、AP通信によれば、バッハ氏は、大会でのインタビューで「オリンピックでは、暴力や差別を促進するゲームはできない」とし、「殺人テーマのゲームはオリンピックの価値観に矛盾するため受け入れられない」と改めてe-Sportsジャンルのオリンピック採用への壁を明らかにしています。

自身もフェンシングの金メダリストでもあるバッハ氏は、格闘技やその他のスポーツジャンルが実際の戦いに起源を持つことを認めながらも、スポーツはそれらの文明的な表現であるとして、直接的な殺害表現を含むタイトルをオリンピックの価値観へ持ち込むことはできない旨をコメントしました。

e-Sportsのオリンピック採用への壁として多く取り上げられる暴力表現。既存タイトルのグラフィック改変版であれば許されるのか、そのような由来を持たない新規タイトルが必要なのか、新規タイトルであるとして当のプレイヤーやゲーマーに受け入れられるものが誕生するのか。e-Sportsがスポーツであるという認識を人々に与えられるのかや、他の検討項目と合わせ、以前よりは現実味を帯びてはいるものの、まだまだe-Sportsのオリンピック競技化への道程は長いようです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

    『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

  2. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

    『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  3. 公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

    公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

  4. 『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

  5. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  6. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  7. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  8. 『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

  9. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

  10. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top