年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも

1年を締めくくる一大イベントとして現地時間12月6日に開催予定となっている「The Game Awards 2018」ですが、本イベントの様子は世界の40のビデオネットワークを通じてライブストリーミングすることが明らかにされました。

ゲーム文化 イベント
年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも
  • 年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも

1年を締めくくる一大イベントとして現地時間12月6日に開催予定となっている「The Game Awards 2018」ですが、本イベントの様子は世界の40のビデオネットワークを通じてライブストリーミングすることが明らかにされました。

配信プラットフォームはYouTube(4K UHD解像度)、Twitter、Facebook、Mixer、Steam TV、PlayStation 4、Xbox Live、IGN、GameSpot、Polygon、MLG、Caffeine.tvなどが含まれており、国内ではニコニコ動画やOPENRECにて同時通訳での配信が行われます。

独占的な新発表や音楽パフォーマンスが実施され、2017年には視聴者が1,800万人を超えた「The Game Awards」。エグゼクティブプロデューサーのGeoff Keighley氏は「ビデオゲームは世界共通の情熱であり、2018年のThe Game Awardsは今まで以上に多くの場所でゲームの力を祝うため提供を拡大しています」と語っています。

なお、太平洋時間11月13日午前9時(日本時間11月14日午前2時)にはアワードの各部門ノミネート作品が発表予定。ファンは同日からイベントの前日まで、公式Discordサーバー(discord.gg/thegameawards)をはじめFacebook Messenger、Twitter Direct Message、Amazon Alexa、Google Assistantなど様々なプラットフォームから受賞者を選ぶオンライン投票が可能とのことです。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

    日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

  2. 最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

    最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

  3. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

    「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  4. また『DOOM』が予想外の機械に移植されてしまった―今度は電動歯ブラシに登場

  5. 千葉のプロeスポーツチーム代表が“失踪”―チームは解散へ…『Apex Legends』や『スマブラSP』など4つの部門で計17名が新たなチームを探すことに

  6. 2024年2月に世界で最も視聴されたTwitchストリーマートップ10に釈迦と加藤純一がランクイン…女性ランキングではぶいすぽっ!「橘ひなの」も

  7. 4月12日の配信迫るドラマ版「Fallout」は“ほぼ『Fallout 5』”!? 正史にも仲間入りする映像作品

  8. 「Xbox Partner Preview」3月7日配信―カプコン新作『祇 -Path of the Goddess-』ゲームプレイなど12以上の新トレイラー公開

  9. 若い人にはわからない?昔は当たり前だったゲーマーの“慣習”いろいろ…説明書熟読から体験版ディスクまで、懐かしさに思いを馳せる

  10. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

アクセスランキングをもっと見る

page top