『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

Bethesda Softworksが先日配信した『Fallout 76』PC版向け最新アップデート1.0.3.10で修正を受けたイベント「Feed The People」ですが、この件についてファンから惜しむ声が挙がりました。

ゲーム文化 カルチャー
『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声
  • 『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声
  • 『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声
  • 『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

Bethesda Softworksが先日配信した『Fallout 76』PC版向け最新アップデート1.0.3.10で修正を受けたイベント「Feed The People」ですが、この件についてファンから惜しむ声が挙がりました。

「Feed The People」はパブリックイベントの1つ。通常、パブリックイベントはクリアした際にイベントエリア内にいれば、進行に貢献していなくとも報酬を受け取れます。しかし、これが不具合によって報酬がサーバーにいる全プレイヤーに配布されており、まさに「Feed The People」な状態になっていました。

この不具合がPC向けアップデート1.0.3.10で修正されたわけですが、『Fallout 76』のSubredditでは惜しむ声が挙がっています。記事執筆時点で固定されたものを除いて勢いが最上位のスレッドのタイトルは「Dear Bethesda: Unfix the Feed The People event(ベセスダへ:Feed The Peopleを修正しないで)」で、nulldesuka氏は「これじゃ人々にフィードできてないじゃないか!」と主張しています。

様々な意見が寄せられていますが、そもそもパブリックイベントは、特定のエリア内に入ってはじめて報酬を受け取れる権利が得られるものなので修正は当たり前といえば当たり前。修正が惜しまれるバグもしばしばあるBethesda作品だけに、今後も話題になるものが生まれるかもしれません。
《杉元悠》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2002年に頓挫したゲームボーイカラー新作RPG『Infinity』が復活!Steamやスイッチ展開も決定

    2002年に頓挫したゲームボーイカラー新作RPG『Infinity』が復活!Steamやスイッチ展開も決定

  2. バレットタイムも壁走りも! 高速アクションFPS『Severed Steel』配信開始―「マトリックス」ごっこが楽しめそう

    バレットタイムも壁走りも! 高速アクションFPS『Severed Steel』配信開始―「マトリックス」ごっこが楽しめそう

  3. 【無料】映画でもフェイタリティ炸裂だ!「モータルコンバット」Game*Spark特別オンライン試写会に100名様をご招待

    【無料】映画でもフェイタリティ炸裂だ!「モータルコンバット」Game*Spark特別オンライン試写会に100名様をご招待

  4. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第7回「CRカップ」10月9日開催!質問要望は白雪レイドさんへ

  5. 名作ローグライクACT『Hades』の主人公・ザグレウスがねんどろいど化!冥王の家出息子がフィギュアに

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 「遊戯王」25周年記念“海馬セット”にファン歓喜!アタッシュケースで「これ全部と交換してくれ」が再現できると話題に

  8. 古代中国が舞台のソウルライクACT『WUCHANG: Fallen Feathers』トレイラー初公開!

  9. もっと過激に?闇深アイドル管理シム『アイドルマネージャー』カットコンテンツを復活させる非公式パッチ登場

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top