ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Galope開発、PC/Mac/Linux向けに1月16日リリースされた2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】
  • ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】
  • ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】
  • ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】
  • ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】
  • ファミコン風2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』「私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありません」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Galope開発、PC/Mac/Linux向けに1月16日リリースされた2Dアクション『Ravva and the Cyclops Curse』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ファミコンのようなグラフィックの2Dアクション。プレイヤーは召喚士であるRavvaとなり、呪いをかけられてしまった母親を救うため冒険へ。4種類のクリーチャーを使い分けながら困難を乗り越え、悪の元凶Cyclops Lord打倒を目指します。記事執筆時点では日本語未対応。

『Ravva and the Cyclops Curse』は310円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Galope:2人の熱心なゲーマーによる小さなインディー開発スタジオ、Galopeです。当スタジオではユニークなゲーム開発を目指しており、新しいことに挑戦し、面白いゲームを作るために全力投球しています。小さなチームですので、レトロ風グラフィックを採用し、アイデアを素早く具体化し、それでいてユニークで見た目の良いオリジナルキャラクターや世界観を実現しています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Galope:まず、私たちはモバイル向けのゲーム開発から学ぼうとしたのですが、これはいい考えではありませんでした。私たちはモバイルゲームがそれほど好きではありませんでしたので、まったく楽しくなかったのです。次に、PC(将来的にはコンソールも)を対象とした2Dアクションの開発を通し、そのプロセスを学ぼうと思いました。そしてその時、私たちが本当に求めていたものを見つけたのです。最初のプロジェクトである『Meawja』からは多くのことを学ぶことができましたが、この作品は今でも開発中であり、リリースされていません。『Ravva and the Cyclops Curse』は『Meawja』の開発中に生まれたのですが、これは私が体調を崩し、すべての作業が中断してしまったためです。その間に、相方が小さなプロトタイプの開発を始め、これを私たち二人がとても気に入ったことから、このゲームをとてもシンプルなものとし、数ヶ月で完成させようと決意し、実際にそうすることができたのです。


――本作の特徴を教えてください。

Galope:ゲームプレイ面において、本作を特徴付けているのは召喚システムです。危険な旅を乗り切るため、固有の特殊能力を持つ4種類のクリーチャーを召喚するというアイデアは、私たちも気に入っています。このシステムにより、各プレイヤーがそれぞれのプレイスタイルに合わせた発見をすることができ、楽しいのではないでしょうか。

他に本作をユニークにしている点は、そのアートでしょう。ファミコンのスプライトのように3色のみと言う制限をかけた中、私が全力で、驚くようなキャラクターたちと興味深い敵たちを作り上げました。本作のストーリーはおとぎ話として語られますが、シンプルで直球なのも特徴です。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Galope:ゲームの長い歴史からは多大な影響を受けていますが、本作では古典的な作品を目指しました。『ロックマン』、『忍者龍剣伝』、そして『悪魔城ドラキュラ』からも、細かな部分で影響を受けています。アート面では、ディズニーのようなカートゥーンからより多くの影響を受けており、あとはユニークなキャラクターを作るため、自分独自のスタイルを使っています。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Galope:いくつかフィードバックをいただき、日本語の追加を検討しています。私たちは日本のゲーム、アート、文化の大ファンなので、日本人の方達に私たちの作品をぜひ遊んでいただきたいと思っています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Galope:皆さんの国は私たち欧州の開発者たちにとって、素晴らしいインスピレーションの源です!皆さんが私たちのゲームを遊んでみてどう思うか、フィードバックをいただけると幸いです。楽しんでいただけると嬉しいです!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top