『ファークライ5』公式ノベル「ファークライ アブソリューション」国内発売決定!本編の前日譚描く | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ファークライ5』公式ノベル「ファークライ アブソリューション」国内発売決定!本編の前日譚描く

ユービーアイソフトは、『ファークライ5』の公式ノベル「ファークライ アブソリューション」を国内向けにも発売することを発表しました。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『ファークライ5』公式ノベル「ファークライ アブソリューション」国内発売決定!本編の前日譚描く
  • 『ファークライ5』公式ノベル「ファークライ アブソリューション」国内発売決定!本編の前日譚描く
  • 『ファークライ5』公式ノベル「ファークライ アブソリューション」国内発売決定!本編の前日譚描く

ユービーアイソフトは、『ファークライ5』の公式ノベル「ファークライ アブソリューション」を国内向けにも発売することを発表しました。

「ファークライ アブソリューション」は、アーバン・ウエイト氏著、阿部清美氏訳の公式オリジナル小説。エデンズ・ゲートとメアリー・メイによる『ファークライ5』の前日譚となる戦いが描かれており、既に予約販売も開始されています。

スピンオフ作品『ファークライ ニュードン』が発売されたばかりの人気ゲーム『ファークライ5』に、今度はその前日譚が描かれた公式小説が登場。
“洗脳"が“正義"のクソったれな世界にメアリー・メイが立ち向かう!!

<あらすじ>
モンタナ州、ホープカウンティ--。
かつて自由人と勇士の土地だったこの町は、カルト教団〈エデンズ・ゲート〉の本拠地になっていた。
彼らは平穏な生活にじわじわと入り込みは、言葉巧みに住民たちを“信仰"という鎖で縛りつけたのだ。
この町でバーを経営するメアリー・メイ・フェアグレイブは、エデンズ・ゲートに大切な家族を奪われた。
教団の執拗な嫌がらせの末、父親は不審な死を遂げ、教祖“ファーザー"に心酔する弟のドリューは消息を絶ったままだ。
警察の捜査もあてにならない。
メアリー・メイは自身の手で事件を解決しようと決意する。
ときを同じくして、教団のまやかしから解放された者がいる。
ハンターとしてエデンズ・ゲートに奉仕するウィル・ボイドは、人生最悪の時期に、教団に救われたひとりだ。
だが、旧友の娘であるメアリー・メイを確保する任務を課せられたことをきっかけに、自らの過ちに気づく。
これまで信じてきたことと、この町で現実に起こっていることがあまりにかけ離れていることを彼はようやく理解したのだ。
熱狂的な信者を従えたエデンズ・ゲートはおそろしく危険な強敵で、メアリー・メイに勝機はなかった。
だが、ウィルとの邂逅によって、彼女の運命は変わっていく。
そしてそれは、ウィルにとっても同じだった──。
人気ゲーム『ファークライ5』の前日譚を描いたオリジナル小説、待望の日本上陸!!

そんな同書ですが、3月15日より1,296円で発売予定。『ファークライ5』並びにそのスピンオフとなる『ファークライ ニュードーン』はPC/PS4/Xbox One向けに発売中です。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  7. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  8. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

アクセスランキングをもっと見る

page top