『マジック・ザ・ギャザリング』“ブラック・ロータス”初版が1,800万円を超える高価格で取引される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『マジック・ザ・ギャザリング』“ブラック・ロータス”初版が1,800万円を超える高価格で取引される

人気トレーディングカードゲーム『マジック・ザ・ギャザリング』において最も価値があるカードの1枚、“ブラック・ロータス”がネットオークション上で高額で取り引きされたことを海外メディアが報じました。

ゲーム文化 カルチャー
『マジック・ザ・ギャザリング』“ブラック・ロータス”初版が1,800万円を超える高価格で取引される
  • 『マジック・ザ・ギャザリング』“ブラック・ロータス”初版が1,800万円を超える高価格で取引される
  • 『マジック・ザ・ギャザリング』“ブラック・ロータス”初版が1,800万円を超える高価格で取引される
人気トレーディングカードゲーム『マジック・ザ・ギャザリング』において最も価値があるカードの1枚、“ブラック・ロータス”がネットオークション上で高額で取り引きされたことを海外メディアが報じました。

“ブラック・ロータス”は、長年愛される『マジック・ザ・ギャザリング』の初期にリリースされた、最も強力かつレアなカードの1枚。現代の『マジック・ザ・ギャザリング』では、特定レギュレーションのみでしか利用できませんが、それでもなお多くのユーザーから羨望の的となるアイテムのです。また、再販も公式に行われないことが発表されていました。

海外メディアPolygonによれば、このカードが海外ネットオークションeBayにおいて166,100ドル(約1,850万円)もの価格で取り引きされたとのことです。通常、数十万円のものも出回ることがあるこのカードがこれほどに高額で取引された背景ですが、実は取引されたカードは初版(Alpha set)のもの。その上で格付サービス認定の超美品であったことが、この価格につながったものであると考えられています。

Polygonが伝えるところでは、7ヶ月前には同様の状態の“ブラック・ロータス”は約980万円という価格であったとのこと。オークションである以上、価格は流動的ですが、伝説的なこのカードの価値は今後どうなっていくのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

    力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

  3. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

    【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  4. 発掘復元から自由なジオラマ展示まで可能な恐竜化石採掘シム『Dinosaur Fossil Hunter』KickStarterキャンペーン開始

  5. スペイン産の江戸時代サイコホラー『Ikai -異界-』2021年Steam配信

  6. 映画「ソニック・ザ・ムービー」第2弾が決定!―海外報道

  7. Ninja主催の『フォートナイト』オンライントーナメントシリーズが近日開催、6週間にわたってMixerで配信

  8. 映画版『ボーダーランズ』のリリス役にケイト・ブランシェットさんが内定

  9. 【このModがスゴイ】『GTA V』の「Realism Dispatch Enhanced」―手配システム大改善!

  10. 何故『アサシン クリード ヴァルハラ』のアサシンブレードは目立つ場所に?開発者が理由を明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top