効果てきめん!『オーバーウォッチ』「推薦」システムで暴言などの悪質行為が激減 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

効果てきめん!『オーバーウォッチ』「推薦」システムで暴言などの悪質行為が激減

Blizzard Entertainmentの人気シューター『オーバーウォッチ』に昨年導入された「推薦」システムですが、これによって暴言や妨害などを行う悪質な言動が40%減少したことがわかりました。

ゲーム文化 カルチャー
効果てきめん!『オーバーウォッチ』「推薦」システムで暴言などの悪質行為が激減
  • 効果てきめん!『オーバーウォッチ』「推薦」システムで暴言などの悪質行為が激減
  • 効果てきめん!『オーバーウォッチ』「推薦」システムで暴言などの悪質行為が激減
Blizzard Entertainmentの人気シューター『オーバーウォッチ』に昨年導入された「推薦」システムですが、これによって暴言や妨害などを行う悪質な言動が40%減少したことがわかりました。

昨年の6月に実装された「推薦(endorsements)」システムは、「スポーツマンシップ」、「チームプレイヤー」、「ショットコーラー」の3項目で敵と味方を評価するというもの。評価されることによって「推薦レベル」が上昇し、そのレベル次第で報酬を獲得することもできます。これによって、プレイヤーの言動が他プレイヤーに評価されることとなりました。

BlizzardのNatasha Miller氏によれば、このシステム、および同時期に実装された「グループ検索」や、マッチの途中退出に課されるペナルティによって、悪質な言動をとるプレイヤーの数が減少しているとのこと。複数メディアはこれにより、1マッチあたりの悪質行為が40%減少している旨を伝えています。

実際のマッチメイキングプールがどのようになっているかは不明ですが、明確にプレイヤー同士を隔離せず、プレイヤーの言動を改善させられた今回の報告はとても興味深い結果と言えるかもしれません。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

    PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  2. 『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

    『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

  3. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  4. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

  5. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

  6. ファンタジー世界のよろず屋経営ゲーム『Shoppe Keep 2』正式リリース日決定!

  7. イラクで『フォートナイト』『PUBG』が禁止に―社会や若年者への悪影響を理由に

  8. 『Apex Legends』サプライボックスを殴り続けると遥か彼方へぶっ飛ぶグリッチが発見される

  9. 揺れる!破れる!美少女格ゲー『Fight Angel』早期アクセス開始―詳細なキャラカスタマイズ機能も

  10. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top