「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説「氷と炎の歌」の作者であるジョージ・R・R・マーティン氏が、日本のゲーム制作に関わっているという噂が持ち上がっています。

ニュース ゲーム業界
「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」
現地時間2019年5月19日に最終回を迎え、9年間の放送に幕を閉じた人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。その原作小説「氷と炎の歌」の作者であるジョージ・R・R・マーティン氏が、日本のゲーム制作に関わっているという噂が持ち上がっています。

これは現地時間2019年5月20日付の、マーティン氏の公式ブログの内容によるもの。同氏は「ゲーム・オブ・スローンズ」の終了についての思い出話などを語る中で、現在取り組んでいるプロジェクトに言及。いくつかの番組や特集プロジェクトなどのプロデューサーなどを務めているほか、日本からビデオゲームについての相談を受けていると明かしました

僅かしか触れられていないため、どこのスタジオなのか、どんなタイトルなのかといった具体的な情報は一切不明。また同氏がその企画に、どれほど深く関わっているのかも明らかにされていません。

この件については、今年3月に海外YouTubeチャンネルのSpawn Waveが、同氏がフロム・ソフトウェアと共同で新しいプロジェクトに取り組んでいるとの噂を報告。一部メディアでは、今回のブログ記事がこの噂に信憑性をもたらしたと報じています
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

    Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  2. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

    『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  3. 初代『Prey』開発元Human Head Studiosが閉鎖―従業員はBethesdaの新スタジオRoundhouse Studiosへ

    初代『Prey』開発元Human Head Studiosが閉鎖―従業員はBethesdaの新スタジオRoundhouse Studiosへ

  4. 『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続

  5. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション シフティングタイド」のパッチノートが公開!

  6. HDリマスター版『ロマンシング サガ3』11月11日発売決定! オリジナルから24年を経て

  7. 『CoD:MW』725ショットガンの射程距離がさらに短縮…チャレンジの不具合なども修正

  8. 『GTA』『RDR』のRockstarが次世代機向けオープンワールドゲームの開発者を募集中

  9. 高品質アセット制作のQuixelがEpic Gamesの一員に! ツールの無料化も予定

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top