『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除

先日、Steamにてゲームのタイトル以外『バトルフィールド1942』そのままが盗用登録されているとして物議を醸した『Tank BATTLEGROUNDS』。同作の顛末について海外メディアが報じました。

ゲーム文化 カルチャー
『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
  • 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
  • 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
先日、Steamにてゲームのタイトル以外『バトルフィールド1942』そのままが流用されているとして物議を醸したTank BATTLEGROUNDS』。同作の顛末が海外メディアより報じられました。

PC Gamerによれば、中国のデベロッパーとみられる当該ゲームの登録者はストアページを更新。『バトルフィールド1942』に関連した内容を削除、同作をSteamで売る意図はなかったとしながら、無名のデベロッパーである自身のゲームに注目を集めるための「面白いこと」を考えこの行動を招いてしまったと謝罪したとのこと。

また、Valveに対しストアページの削除を求めたということで、記事執筆時点で、『Tank BATTLEGROUNDS』に関連した内容はストアページそのものも含めSteamより消失しています。

今回の行動が正しいということは決して無いものの、現在のSteamでは膨大な数のゲームのリリースが常に控え、最もユーザーに親しい新作情報源となりうるゲームの「近日登場」告知がほぼ有効に機能していない状態。無用な混乱・いたずらの抑止のためにも改善が望まれるところかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

    オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

  2. Modツールを中心にした『Mount & Blade II』開発アップデート映像第二弾!

    Modツールを中心にした『Mount & Blade II』開発アップデート映像第二弾!

  3. 自動工場構築ゲーム『Factorio』遂に正式リリース! 魅力たっぷりのトレイラー2020年版も公開

    自動工場構築ゲーム『Factorio』遂に正式リリース! 魅力たっぷりのトレイラー2020年版も公開

  4. 『レッド・デッド・オンライン』チーターがストリーマーになりすまし、不正行為の濡れ衣を着せようとするケースが多数発生中

  5. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  6. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』が近日開催のイベント「DCファンドーム」で発表か

  7. デジタル画像の基礎となる“ピクセル”を生み出したRussell Kirsch氏が91歳で死去

  8. 倒した敵を食べてパワーアップするローグライトRPGシューター『Bite the Bullet』配信開始!

  9. 「Steamゲームフェスティバル」再び!「オータムエディション」が10月開催へ

  10. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

アクセスランキングをもっと見る

page top