『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除

先日、Steamにてゲームのタイトル以外『バトルフィールド1942』そのままが盗用登録されているとして物議を醸した『Tank BATTLEGROUNDS』。同作の顛末について海外メディアが報じました。

ゲーム文化 カルチャー
『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
  • 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
  • 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除
先日、Steamにてゲームのタイトル以外『バトルフィールド1942』そのままが流用されているとして物議を醸したTank BATTLEGROUNDS』。同作の顛末が海外メディアより報じられました。

PC Gamerによれば、中国のデベロッパーとみられる当該ゲームの登録者はストアページを更新。『バトルフィールド1942』に関連した内容を削除、同作をSteamで売る意図はなかったとしながら、無名のデベロッパーである自身のゲームに注目を集めるための「面白いこと」を考えこの行動を招いてしまったと謝罪したとのこと。

また、Valveに対しストアページの削除を求めたということで、記事執筆時点で、『Tank BATTLEGROUNDS』に関連した内容はストアページそのものも含めSteamより消失しています。

今回の行動が正しいということは決して無いものの、現在のSteamでは膨大な数のゲームのリリースが常に控え、最もユーザーに親しい新作情報源となりうるゲームの「近日登場」告知がほぼ有効に機能していない状態。無用な混乱・いたずらの抑止のためにも改善が望まれるところかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』から永久BANされたストリーマーJarvis Kaye氏、今後の展開を明かす

    『フォートナイト』から永久BANされたストリーマーJarvis Kaye氏、今後の展開を明かす

  2. ソニック新生!実写映画「ソニック・ザ・ムービー」デザイン変更後初のトレイラーが公開

    ソニック新生!実写映画「ソニック・ザ・ムービー」デザイン変更後初のトレイラーが公開

  3. 『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か

    『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か

  4. 『フォートナイト』有名プロストリーマーがチート利用で永久BAN……「考えもつかない結果だった」

  5. Ninja、先日の『フォートナイト』Jarvis Kaye氏永久BANにコメント……「影響あるコンテンツクリエイターへの永久BANは不適当」

  6. 陶芸シム『陶芸マスター』Steam早期アクセス開始!―仮想世界で陶芸士としての人生を

  7. カナダ王立在郷軍人会、戦没者慰霊島を『フォートナイト』内で制作―争いはなく、敬意だけが存在する場所

  8. 『デススト』効果?「モンスターエナジー」メーカーの株価が発売直後に上昇

  9. DICEが『ミラーズエッジ』発売11周年記念ツイート、ファンからの多くのお祝い

  10. 米国のプロゲーミングチーム「Echo Fox」が解散…投資家へのインタビューで明らかに【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top