『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!

『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』のプレイレポートをお届けします。

ニュース 発表
『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
  • 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』懐かしくて、新しい―あの名作アクションレーシングが帰ってきた!
セガゲームスより、PS4/ニンテンドースイッチ用アクションレーシングタイトル『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』の日本国内版が、8月1日に発売となります。


この時を心待ちにしていたファンも多いはず。あの『クラッシュ・バンディクー レーシング』シリーズの1作目と2作目が、高画質化かつボリュームアップ!装いも新たにフルチューンで現代によみがえってきました。

さらに遊びやすくなって帰ってきた名作パーティレーシングゲームの新たな魅力を、プレイレポートとしてご紹介します!


◆豊富なプレイアブルキャラクターたち!


シリーズ過去作『クラッシュ・バンディクー レーシング』と『爆走!ニトロカート』のレーサーに加え、本作で新たにレーサーとして参戦したキャラクターもおり、操作キャラクターの数はシリーズ最多!




使用できるキャラクターは、一定の条件を満たしたり、無料追加DLCを入手したりすることでも増えていきます。隠しコマンドの入力による出現といった、懐かしい香りのする要素も。


キャラクターたちが乗るカートも、オリジナル版『クラッシュ・バンディクー レーシング』では1種類だけでしたが、本作では、『爆走!ニトロカート』『がっちゃんこワールド』に登場したカートや、完全新規のカートが追加されました。

それぞれのカートは、ホイールやステッカー、ペイントをカスタマイズして、見た目を自由に変更することが可能です。新たなステッカーやホイールは、ソロプレイでストーリーを楽しむことのできる「おはなしモード」を進めていくことによって、徐々に解除されていきます。


カートだけでなく、キャラクター自身も、スキンによって着せ替えをすることができます。服装や髪の色などの外見が変わるだけでなく、スキンによってはレース結果の表彰式においてポーズが変化するものもあります。

PS4版限定ではありますが、1作目当時のグラフィックを再現したレトロなキャラクタースキンやカート、コースといったコンテンツも用意されており、懐かしい気持ちに浸って遊びたいという人にオススメです。

◆コースの数もシリーズ最多!



本作では、1作目と2作目に登場した、すべてのコースとアリーナで遊ぶことができます。新規に追加されたコースはもちろん、過去作のコースもリメイクされて大幅にパワーアップ。


過去作に登場したコースも、美しく再構築されています。

進化したのは、画質だけではありません。直接レースに関わってくるギミックの他、コースの世界観や雰囲気を彩る遊び心が、多数追加されています。


接近したレーサーたちを食べてしまう、恐ろしいギミック「ひとくいばなのゴックン」ですが……。


ふとコースの外に目を留めると、眼鏡をかけた学校の先生らしき「ゴックン」が、小さな子ども「ゴックン」たちに、レーサーたちへの噛みつきかたについて黒板を使ってレクチャーしていたりします。子どもたちは先生を真似して噛みつきの練習をしており、非常に微笑ましく可愛らしい光景です。

意識して周囲を見渡してみれば、作業員がライオンやサメに襲われて逃げていたり、動物たちが各々の生活をしていたり遊んでいたりレースを観戦していたりと、とても賑やか。こういった細部が世界観を盛り立て、それぞれのコースならではの空気を感じながら、風を切って走ることができます。

カートの走るスピードは非常に速いため、真面目にレースに挑んでいればチラリと見えるかどうかといった要素なのですが、あまりの作り込みに思わず速度を落として、よく見てみたくなるはず。そんな時は、たまにはカートを路肩に止めて、ゆったりとコースを眺めながら、己の走る意味に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。



レース中は、アイテムやギミックによって、常に激しく爆炎が舞い、水しぶきが飛び散っています。映像表現が美しく派手になったことにより、アイテムでライバルを攻撃し上手く吹き飛ばした時の爽快感、ギミックが目前に迫った際の焦燥感が大きく増しています。

◆シンプルかつ洗練されたゲーム性


スタート時のタイミングや、ドリフトからのターボによる加速テクニックといった基本操作はもちろん、高くジャンプすることで発生するターボ、コースに落ちているリンゴを集めてのスピードアップやアイテム強化など、独自の要素も。


また、ターボブーストをかけるタイミングはなかなかシビアで、コツをつかむまでに何度もトライアル&エラーをくりかえしました。

簡潔で分かりやすいながらも、プレイヤーのテクニックによって大きくタイム差の開くシステムとなっています。もちろん、効果のド派手なアイテムも多数用意されていますので、パーティーゲームとしての楽しさもバッチリです。攻撃にも防御にも使えるアイテムなど、ちょっとした戦略性も。

◆ソロプレイでもみんなでも楽しめる、多様なモード!


本作には、いくつかのゲームモードが用意されています。


ソロプレイでレースを楽しむことのできる「おはなしモード」では、各レースで優勝してトロフィーを集め、出現するボスを倒して鍵を入手し、扉の向こうへと進んでいきます。優勝トロフィーを集めることによって、難度の高いコースに挑戦することができるようになっていくため、自分自身の成長を実感できるモードとなっています。



ボス戦では、一騎打ちのレースに挑むこととなります。ボスは、それぞれ特殊能力を持ち、無尽蔵の妨害アイテムによってプレイヤーの邪魔をしてくるため、かなりの難敵となっています。


見事ボスに打ち勝つことができれば、操作キャラクターとして使用できるようになります。


その他にも、コース上に隠された文字を集める「チャレンジCTRメダル」や、「タイムアタック」など、ソロプレイでも充実したコンテンツが揃っています。

また、オフラインで友だちと遊ぶだけでなく、オンラインで最大8人で遊ぶことも可能です。通常のレースだけでなく、アイテムで他プレイヤーを倒す「いきのこれ!カートバトル」や、相手チームのフラッグを奪って自軍のポータルへと持ち帰る「うばえ!フラッグ」などの多種多様な対戦形式が用意されています。


懐かしさと、より洗練された楽しさが満載の『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』は、PS4/ニンテンドースイッチ向けに4,900円(税抜)で、8月1日より発売です!
《星野彼方》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

    「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  4. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  5. 西遊記アクションADV『MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック』PS4/PC向けにリリース―中国大ヒット映画のゲーム化

  6. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  7. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  8. 『シティーズ:スカイライン』でまちづくり―愛知県高浜市が未来の姿を創造するコンテストを実施!

  9. 「モンスターハンターフェスタ'19-'20」物販や来場者特典の追加情報を公開!ゲームの狩猟生活に役立つアイテムもプレゼント

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1
page top