カプコン、『バイオ RE:2』や『DMC5』が引き続き好調で大幅増益―20年3月期1Q決算 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、『バイオ RE:2』や『DMC5』が引き続き好調で大幅増益―20年3月期1Q決算

カプコンは、2020年3月期第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)を、本日8月1日に発表しました。

ニュース ゲーム業界
カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録
  • カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録

カプコンは、2020年3月期第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)を、本日8月1日に発表しました。

売上高は179億38百万円(前期比4.3%増)、営業利益は77億3百万円(前期比50.8%増)、経常利益は76億99百万円(前期比40.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は54億20百万円(前期比38.9%増)を記録。

安定した成長を続けるデジタルコンテンツ事業において、前年度にヒットした『バイオハザード RE:2』や『デビル メイ クライ 5』がユーザー層の拡大により続伸したほか、2017年度に投入した『モンスターハンター:ワールド』も根強い人気に支えられ息の長い売行きを示すなど、リピートタイトルを中心とした好採算のダウンロード販売が伸長し、利益を大きく押し上げることとなりました。

新作ソフトの発売が移植版タイトル等の少数にとどまったものの、上記リピートタイトルの売行きなどにより第1四半期決算としては、営業利益以下、すべての利益項目で四半期開示以来の過去最高を達成しました。

■2020年3月期第1四半期決算短信
http://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/result/2020/1st/result_2020_1st_01.pdf

カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録

《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

    リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

  2. 全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

    全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

  3. 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

    宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

  4. 初代移植版『モンスターファーム』はスイッチ/スマホで発売!価格は税込1,900円

  5. 『Telling Lies』日本語入力に不具合が発生―チームは修正作業に取り組む

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. PS4版『黒い砂漠』海外配信日が8月22日に決定!開始時には6クラスをプレイ可能

  8. ドット絵3Dアクション『Fez』がEpic Gamesストアで無料配布を開始―現地時間8月29日まで

  9. 『ONE PIECE 海賊無双4』2020年発売決定―“リアルなONE PIECE体験”をコンセプトに

  10. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

アクセスランキングをもっと見る

page top