AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作!

パズルゲームの名門から初のビジュアルノベルが登場。これまでライター兼作曲家として参加してきた開発者が、今作のプロデューサーを担当しているそうです。

ゲーム文化 インディーゲーム
AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作!
  • AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作!
  • AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作!
  • AIカウンセリングがテーマのビジュアルノベル『Eliza』Steamで配信、パズルゲームの名門Zachtronicsから放たれた意欲作!

『TIS-100』『SpaceChem』などの名作パズルゲームで知られるZachtronicsは、新作ビジュアルノベル『Eliza』をSteamにてリリースしました。

錬金術をモチーフにした『Opus Magunum』、中国・深センのエンジニアとして回路を設計する『SHENZHEN I/O』など、世界観とゲームプレイを融合させたパズルゲームで知られるZachtronicsですが、『EXAPUNKS』以来のリリースとなる新作では「AIカウンセリング」にフォーカス。プレイヤーは元技術者の女性“Evelyn Ishino-Aubrey”として、AIカウンセリングプログラムの利用者と接触しながら、自身の中にある混乱と闇に立ち向かっていきます。



本作では、多くのZachtronics作品にシナリオライター兼作曲家として参加してきたMatthew Seiji Burns氏がプロデューサーを担当。スタジオとしてはチャレンジングな新作となるものの、「株札」をモチーフにしたソリティア「Kabufuda Solitaire」など、ファンにとってはおなじみの要素も収録しています。

『Eliza』は通常価格1,520円で、Windows/Mac/Linux向けに配信中。サポート言語は英語のみで、日本語版のリリース予定は明らかにされていません。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

    海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  2. 「ゲーミングお嬢様」が「ジャンプルーキー!」12月期ブロンズルーキー賞を受賞!連載枠へ掲載【UPDATE】

    「ゲーミングお嬢様」が「ジャンプルーキー!」12月期ブロンズルーキー賞を受賞!連載枠へ掲載【UPDATE】

  3. コズミックホラーRPG『恐怖の世界』Steam早期アクセス開始日決定! 最新トレイラーも披露

    コズミックホラーRPG『恐怖の世界』Steam早期アクセス開始日決定! 最新トレイラーも披露

  4. ワーナー・ブラザースが『モータルコンバット』のアニメ映画を制作中―2020年上半期に公開予定

  5. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」の世界を再現! クエストや謎解きのゲームプレイ要素も

  6. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

  7. 同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

  8. 『エースコンバット7』コトブキヤ1/144「X-02S」レビュー…ディテール強化とロール軸追加で展示しやすさも向上!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  9. 『ウィッチャー』原作小説が米で50万部以上を増刷へ―「関連製品がドラマ需要で驚異的な売上となっている」

  10. 『ポケモン』がASMR動画「焚き火の音」とコラボ!安心して眠るヒトカゲが最高の癒しをお届け

アクセスランキングをもっと見る

page top