『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79

かつての『ドンキーコング』裁判で活躍した弁護士ジョン・カービィ氏が逝去。享年79。『星のカービィ』主人公との名前の一致でも知られています。

ゲーム文化 カルチャー
『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
  • 『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
  • 『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
アメリカの弁護士で、過去の任天堂のアメリカ進出時に起こった『ドンキーコング』関連の裁判で活躍したことで知られるジョン・カービィ氏が、血液がんのため79歳でこの世を去ったことが海外メディアにて報じられました。

訃報は、NYタイムスなどによって報じられました。カービィ氏は、かつて任天堂がファミコン(米国ではNintendo Entertainment System)を展開する前に米国で起こった『ドンキーコング』と「キングコング」の類似性を巡る裁判でも知られています。

当時ユニバーサルにより、「『ドンキーコング』が「キングコング」の著作権を侵害している」として訴えられた任天堂の弁護士として法廷に立った同氏は、「キングコング」自体の著作権が当時既に失効していることを説明し、大きな勝利を遂げました。この活躍により氏は後に「ドンキーコング」の名を冠したヨットを任天堂より送られています。

また、氏はゲーマーには『星のカービィ』主人公“カービィ”との名前の一致でも知られる人物。これについては過去に海外メディアGameInformerのインタビューにて宮本茂氏が、ジョン・カービィ氏の存在が、あくまで間接的にですが、同キャラの名前候補からの決定に影響を及ぼした旨について触れています。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

    『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

  2. 『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

    『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

  3. 異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

    異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

  4. 第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

  5. PC版『ニーア オートマタ』用HDテクスチャーパックModの完成版がリリース

  6. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  7. レトロ風ピクセルアート格闘アクション『沖縄ラッシュ』Steam版デモ配信! 日本語にも対応

  8. 高評価ドット絵アクションシューター『HUNTDOWN』Steam/GOG版配信開始!暴力的な未来で悪を狩れ

  9. 残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

  10. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る

page top