『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79

かつての『ドンキーコング』裁判で活躍した弁護士ジョン・カービィ氏が逝去。享年79。『星のカービィ』主人公との名前の一致でも知られています。

ゲーム文化 カルチャー
『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
  • 『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
  • 『ドンキーコング』裁判で活躍したジョン・カービィ弁護士が逝去―享年79
アメリカの弁護士で、過去の任天堂のアメリカ進出時に起こった『ドンキーコング』関連の裁判で活躍したことで知られるジョン・カービィ氏が、血液がんのため79歳でこの世を去ったことが海外メディアにて報じられました。

訃報は、NYタイムスなどによって報じられました。カービィ氏は、かつて任天堂がファミコン(米国ではNintendo Entertainment System)を展開する前に米国で起こった『ドンキーコング』と「キングコング」の類似性を巡る裁判でも知られています。

当時ユニバーサルにより、「『ドンキーコング』が「キングコング」の著作権を侵害している」として訴えられた任天堂の弁護士として法廷に立った同氏は、「キングコング」自体の著作権が当時既に失効していることを説明し、大きな勝利を遂げました。この活躍により氏は後に「ドンキーコング」の名を冠したヨットを任天堂より送られています。

また、氏はゲーマーには『星のカービィ』主人公“カービィ”との名前の一致でも知られる人物。これについては過去に海外メディアGameInformerのインタビューにて宮本茂氏が、ジョン・カービィ氏の存在が、あくまで間接的にですが、同キャラの名前候補からの決定に影響を及ぼした旨について触れています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「ガイルくん」よ永遠に……Youtuber

    「ガイルくん」よ永遠に……Youtuber"Etika"を偲ぶウォールアートが『Pokemon GO』のポケストップとして登録される

  2. カオス過ぎるRPG続編『Hylics 2』最新映像! アクションパートを披露

    カオス過ぎるRPG続編『Hylics 2』最新映像! アクションパートを披露

  3. NHK「全ファイナルファンタジー大投票」キャラクター部門の76位~198位が公開!キマリ、バレット、スノウ等の名も

    NHK「全ファイナルファンタジー大投票」キャラクター部門の76位~198位が公開!キマリ、バレット、スノウ等の名も

  4. ヴィクトリア朝ロンドンが舞台のビジネス&デートシム『Max Gentlemen Sexy Business!』配信開始

  5. EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

  6. CD Projekt REDがゲームイベント「PAX East」への参加キャンセルを発表―『サイバーパンク2077』の展示もなし

  7. アナログゲームイベント「ゲームマーケット2020大阪」が開催中止に―新型コロナウイルス対策による政府要請を受けて

  8. 半裸エプロンのおっさんがアチアチスープをぶっかけ合う『RAWMEN』最新トレイラー!

  9. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  10. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

アクセスランキングをもっと見る

page top