『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

『Starbound』などで知られるChucklefishが、Twitterを通して謝罪のコメントを発表。

ゲーム文化 インディーゲーム
『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】
  • 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】
  • 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】
  • 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】
  • 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】
  • 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

ストラテジーゲーム『Wargroove』のデベロッパー・Chucklefishは、まもなくリリース予定の同作ダウンロードコンテンツ「Double Trouble」にまつわるプロモーションについて、謝罪の声明を発表しました。

公式Twitterの投稿では、同DLCに登場するキャラクターのイラストと共に出演声優の写真を添えていました。このプロモーション用イメージには3人の黒人キャラクターが登場していますが、採用されている声優が白人であることに不満や異論を唱える声が届いていました。

この件について、Chucklefishは声優のキャスティングプロセスに問題があったと説明。Chucklefishは開発全体を手伝う外部キャスティングマネージメントチームを雇っていて、声優オーディションにおいては参加者のプロフィールやこれまでの仕事内容、顔写真などを確認せず進行していたということです。

また、Chucklefishは表現問題について知識のないままこのプロモーション用イメージを公開したことについて、「無神経でコミュニケーションとして不十分だった」とコメント。謝罪の意を表しながら、今後のキャスティングや開発体制を正していく旨を述べました。

※UPDATE(2019/12/07 12:32):作品タイトルの誤記を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

    『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

  2. 『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

    『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

  3. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

    『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

  4. ルートボックスは「子供のギャンブル依存を助長する」―イギリス国民保険サービスがゲーム業界に呼びかけ

  5. 海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌

  6. 『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作

  7. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  8. 『スカイリム』海外Mod作者…ラムを飲んだらきれいなテクスチャができていた

  9. 『ダクソ』3部作『ブラボ』『デモンズソウル』を全て「1度も攻撃を食らわずにクリアする」超人が現れる

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top