『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作

『Fallout 3』『オブリビオン』などを手掛けたプロデューサーが実際に動くルートボックスでプロポーズ!

ゲーム文化 カルチャー
『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作
  • 『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作
  • 『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作

「ルートボックス」という言葉で誰もが思い浮かべる『オーバーウォッチ』の宝箱。希望とときめきが詰まったあの箱が、とある人物の素敵なドラマに一役買いました。

海外メディアのKotakuによれば、『Fallout 3』『オブリビオン』にリードプロデューサーとして、『モロウウインド』『Halo 4』にスタッフとして携わったGavin Carter氏は、ガールフレンドへのプロポーズを計画。そこで、個人によるプロップ制作サービスである「Optimistic Geometry」にある造形物を依頼しました。

その造形物こそ、『オーバーウォッチ』のルートボックス。このルートボックスは大量のLEDや8つのモーター、50メートル近くのワイヤーや30以上のスイッチによってなんと実際に動作・発光するようになっており、中に指輪を収納できるようになっています。ちなみに、このボックスは3Dプリンターを利用して作られており、Bluetoothとの連携も可能です。

なお、同メディアによればこのルートボックスの製作には4000ポンド(約57万4,000円)の費用と1年もの時間が費やされているとのこと。そして、この大作を用いて行われたプロポーズの結果は……是非、以下の映像からご確認ください。


また、「Optimistic Geometry」はルートボックスの製作映像も複数公開しており、どのような仕組みで動作しているのか、どのようなパーツが用いられているのかを確認することも可能になっています。

《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 有名3DCGデザイナーのMichael Andrew Nash氏が36歳で死去―『Horizon Zero Dawn』機械獣のデザインも手掛ける

    有名3DCGデザイナーのMichael Andrew Nash氏が36歳で死去―『Horizon Zero Dawn』機械獣のデザインも手掛ける

  2. テイクツーによって『GTAオンライン』のチートツールが販売停止―利益は慈善団体へ寄付されることに

    テイクツーによって『GTAオンライン』のチートツールが販売停止―利益は慈善団体へ寄付されることに

  3. ゲームプレイ後に「課題遂行能力」が向上―FPS系タイトルでの検証で明らかに

    ゲームプレイ後に「課題遂行能力」が向上―FPS系タイトルでの検証で明らかに

  4. Valve、脳波でゲームを操作するBCIを開発中―目標は完全な没入感のゲーム体験

  5. 実写映画版「トゥームレイダー」続篇の監督・脚本が決定―「ラヴクラフトカントリー」手がけたミシャ・グリーン

  6. PS5をオールナイトでプレイし放題のレンタルラウンジ、米セブンイレブンの店舗内にオープン―ゲーマー向けの試験店舗

  7. 不朽の名作ハクスラ『Diablo』がブラウザでプレイ可能に―本体を所持していればフルゲームにアクセス可能

  8. あなたがサイコパスかどうかは『The Sims 3』でわかる?カナダの大学が実験に使用【UPDATE】

  9. 『Dead by Daylight』日本初の公式大会「DbD Japan Championship」2月開催決定! 賞金総額は300万円

  10. 『マインクラフト』都市伝説「Herobrine」のワールドのシード値が判明―1枚のスクリーンショットから解析

アクセスランキングをもっと見る

page top