電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発

「Xbox Adaptive Controller」を利用し、電動車イスの操作デバイスでゲームがプレイできるようになります。海外の支援団体が作りました。

ゲーム文化 カルチャー
電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発
  • 電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発
  • 電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発

The AbleGamers Charityは、電動車イスとゲームコントローラーを接続できるデバイス「Freedom Wing adapter」を開発し、実際にゲームをプレイしている映像を発表しました。


同製品は、ハンディキャップのあるゲーマーを支援する慈善団体「The AbleGamers Charity」と、技術支援団体「AT Makers」によるプロジェクト。このアダプターを接続することで、マイクロソフトが開発したハンディキャップ所有者補助のためのカスタム可能なコントローラーである「Xbox Adaptive Controller」を使用し、電動車イスの操作デバイスを利用してゲームがプレイできるようになります。

映像内では、車イスの男性が実際にXbox Oneで『ロケットリーグ』をプレイしている様子が確認できます。映像内の説明によると、同デバイスと接続するための基盤代などの部品などのコストは30ドルから35ドル程度。「Freedom Wing adapter」製品本体は無料で提供されるとのことです。

なお、「Xbox Adaptive Controller」は国内向けには完売となっていますが、Game*Spark編集部の取材に対し日本マイクロソフトは「今後の発売に関しては、各国含め需要に応じて対応を検討する」とコメントしています。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

    映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  2. 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

    「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

  3. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

    中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  4. Devolver Digitalが「任天堂版PlayStation」向けのゲーム移植チームを募集?果たして真相は

  5. 堀井雄二氏「深夜から並ぶ人もいて、その行列を見にいきました」─32年前に発売された『ドラクエIII』の思い出を語る

  6. プレステ公式が提案するバレンタインデーのあり方―渡すチョコがPS4になる世界線

  7. 熱い要望も……「Xbox アダプティブ コントローラー」の再販予定についてマイクロソフトに聞いてみた

  8. 超レアな幻の「任天堂版PlayStation」が海外オークションで入札開始!―CD-ROM搭載スーパーファミコン

  9. 実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督がソニックのデザイン変更を約束―多くの声を受けて

  10. カセットふぅ~から始まる「ソニック・ザ・ムービー」テーマ曲「Speed Me Up」MV公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top