電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発

「Xbox Adaptive Controller」を利用し、電動車イスの操作デバイスでゲームがプレイできるようになります。海外の支援団体が作りました。

ゲーム文化 カルチャー
電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発
  • 電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発
  • 電動車イスでもゲーム操作ができる!コントローラー接続用デバイスを海外支援団体が開発

The AbleGamers Charityは、電動車イスとゲームコントローラーを接続できるデバイス「Freedom Wing adapter」を開発し、実際にゲームをプレイしている映像を発表しました。


同製品は、ハンディキャップのあるゲーマーを支援する慈善団体「The AbleGamers Charity」と、技術支援団体「AT Makers」によるプロジェクト。このアダプターを接続することで、マイクロソフトが開発したハンディキャップ所有者補助のためのカスタム可能なコントローラーである「Xbox Adaptive Controller」を使用し、電動車イスの操作デバイスを利用してゲームがプレイできるようになります。

映像内では、車イスの男性が実際にXbox Oneで『ロケットリーグ』をプレイしている様子が確認できます。映像内の説明によると、同デバイスと接続するための基盤代などの部品などのコストは30ドルから35ドル程度。「Freedom Wing adapter」製品本体は無料で提供されるとのことです。

なお、「Xbox Adaptive Controller」は国内向けには完売となっていますが、Game*Spark編集部の取材に対し日本マイクロソフトは「今後の発売に関しては、各国含め需要に応じて対応を検討する」とコメントしています。
《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  3. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  4. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  5. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  6. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  7. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  8. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  9. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

  10. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

アクセスランキングをもっと見る

page top