「X」ボタンでお手軽キックフリップ!コントローラー操作可能なスケートボードを制作する職人現る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「X」ボタンでお手軽キックフリップ!コントローラー操作可能なスケートボードを制作する職人現る

小型ロケットエンジンまで持ち出すも……。海外の『Tony Hawk's Pro Skater 1 + 2』プロモ企画。

ゲーム文化 カルチャー
「X」ボタンでお手軽キックフリップ!コントローラー操作可能なスケートボードを制作する職人現る
  • 「X」ボタンでお手軽キックフリップ!コントローラー操作可能なスケートボードを制作する職人現る

YouTubeチャンネル「the Hacksmith」は、名作スケボーゲームリマスター『Tony Hawk's Pro Skater 1 + 2』(PC/PS4/Xbox One)のプロモーション企画の一環として、DUALSHOCK 4コントローラーで移動、「キックフリップ」トリックの出来るスケートボードを制作、その映像を公開しました。

映像では、小型ロケットエンジンや酸素アセチレン風船など、自動キックフリップを実現するための手段を模索する様子を確認できます。最終的にはバネの力を利用することになり、「X」ボタンでキックフリップを行えるように。また動画終盤ではトニー・ホーク氏のテレビ電話出演も。

齢30にして初めてキックフリップを達成したというチャンネルホストのJames Hobson氏。YouTubeチャンネル「the Hacksmith」では他にも『レインボーシックス シージ』のBlitzシールドやTwitchドローン、『ジャストコーズ』のグラップルガンなどの制作動画が公開されています。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

    『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  4. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ジュリ使いUMAが100万ドル格ゲーマーに輝いた「CAPCOM CUP X」は最も視聴されたCAPCOM CUPに…最大同接はガチくんの試合が記録

アクセスランキングをもっと見る

page top