「我々はSteamキーからは一切の利益を得ていない」Valve、ゲームの地域制限是非巡りEUに上訴へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「我々はSteamキーからは一切の利益を得ていない」Valve、ゲームの地域制限是非巡りEUに上訴へ

SteamゲームのアクティベーションキーからValveは利益を得ていないとしています。

ニュース ゲーム業界
SOPA Images/LightRocket/ゲッティイメージズ
  • SOPA Images/LightRocket/ゲッティイメージズ

ゲームの地域販売制限を巡って欧州委員会より発表された、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」運営のValveや、その他複数社への780万ユーロ(約9億7,500万円)の罰金。Valveはこれが不当なものであるとして上訴を行う方針であることを明らかにしました。

これは、Valveが海外メディアEurogamerに対し明かしたもの。「7年間に及ぶ調査期間中、Valveは欧州委員会に広範囲に協力してきた」と語る、広報担当者は「Steamゲームのアクティベーションキーはパブリッシャー・開発者の要請に伴い無料で提供されており、たとえそれがサードパーティの販売店で売られようとも、購入価格の一部を受け取ることはない」として、異議を表明。

また、地域制限が行われていたのはValve以外のわずか3%のタイトルに過ぎず、さらには2015年からは法的な問題や販売ライセンス上の問題を除いては措置を行っておらず、責任の適応範囲外であるとしました。

なお、今回の一連の販売制限をめぐる問題では、自国より価格が安い特定の国で本来より安くゲームを買う行為の防止、いわゆる還流防止措置としての側面が強く問題とされていました。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

  2. 『MOTHER2』愛溢れる『あつ森』島クリに糸井重里氏も反応―大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい話題の島の作者にミニインタビュー

    『MOTHER2』愛溢れる『あつ森』島クリに糸井重里氏も反応―大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい話題の島の作者にミニインタビュー

  3. 独占販売権契約は締結しており、契約金は支払い済―ホラーADV『The Sinking City』Steam版販売を巡りNaconが声明

    独占販売権契約は締結しており、契約金は支払い済―ホラーADV『The Sinking City』Steam版販売を巡りNaconが声明

  4. 昨年から続いているApple対Epicの訴訟問題、2021年5月から裁判が開始へ

  5. 『KOF XV』力強く鋭い攻撃を繰り出す「アンディ・ボガード」キャラクタートレイラー!

  6. 『CS:GO』『AoE HD』などの開発に携わったデベロッパーが「D&D」のオープンワールドRPGを開発中

  7. 権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

  8. 「Humble Choice」2021年3月分配信開始!『Control Standard Edition』『XCOM: チーム・ キメラ』など12本がラインナップ

  9. 『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット

  10. 映画「エイリアン」の世界が舞台のCo-opサバイバルシューター『Aliens: Fireteam』2021年夏リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top