プレ値でPS5を販売した出品者、偽札で購入されてしまう―米地元警察が報告【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プレ値でPS5を販売した出品者、偽札で購入されてしまう―米地元警察が報告【UPDATE】

PS5は800ドル(約84,000円)で販売されていました。

ゲーム文化 カルチャー
プレ値でPS5を販売した出品者、偽札で購入されてしまう―米地元警察が報告【UPDATE】
  • プレ値でPS5を販売した出品者、偽札で購入されてしまう―米地元警察が報告【UPDATE】
  • プレ値でPS5を販売した出品者、偽札で購入されてしまう―米地元警察が報告【UPDATE】

Facebook MarketplaceでPS5を高額で販売していた人物が偽札を掴まされ、警察に届け出るという出来事がアメリカで報告されています。

米イリノイ州にあるノースレイク警察署の声明によると、この事件は地元のコミュニティに商品を販売できるFacebook Marketplaceでの取引の際に発生したとされます。1月12日、出品者はPS5を800ドル(約84,000円)といういわゆるプレミアム価格で販売していましたが、購入を申し出た男性とフランクリンパーク警察署の駐車場で受け渡しをすることになりました。

約束の日、警察署の駐車場で落ち合った出品者と男性は、その場で現金とPS5を交換しました。出品者が帰宅して受け取った現金を確認したところ、ようやく偽札だと気づいたようです。直ちに警察に通報されていますが、偽札を使った男性がその後どうなったのかは警察署の声明では触れられていません。

アメリカでもPS5は依然として手に入りづらい状況で、ebayなどでは定価の2倍近い価格で取引されています。今回の事件は、どうしても欲しいという消費者の足元を見て値段を釣り上げた結果、偽札を掴まされるという、なんとも言えない事件となっています。

※UPDATE(2021/2/3 13:15):本文を一部修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PS5を暗号通貨のマイニングで活用との海外報道はフェイクニュースの疑い…マイニング速度など不可解な点多数【UPDATE】

    PS5を暗号通貨のマイニングで活用との海外報道はフェイクニュースの疑い…マイニング速度など不可解な点多数【UPDATE】

  2. 映画版『ボーダーランズ』世界最凶の13歳「タイニー・ティナ」役がアリアナ・グリーンブラットに決定

    映画版『ボーダーランズ』世界最凶の13歳「タイニー・ティナ」役がアリアナ・グリーンブラットに決定

  3. 15年前にリリースされたバグだらけのクトゥルフホラー『Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth』が有志によって「Nexus Mods」Modマネージャーに対応

    15年前にリリースされたバグだらけのクトゥルフホラー『Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth』が有志によって「Nexus Mods」Modマネージャーに対応

  4. 見慣れた街並みでレッツ配送!トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v1.0いよいよ公開

  5. 「メガネスーパー」がe-Sportsを後押し! 忍ismとVHリテールサービスがスポンサー契約を締結

  6. 近日中に大規模Xboxゲーム発表会を行う計画はない―Xboxマーケティング担当Aaron Greenberg氏がTwitter上で公表

  7. ValveのMOBA『Dota 2』のファンタジーアニメ「DOTA: ドラゴンの血」日本語予告映像公開―Netflixにて3月25日から配信

  8. ポケモン投票企画「#キミにきめた」結果発表は「デデンネ」が第1位に―第8位「マッシブーン」もよく頑張った!

  9. バンダイナムコ、北米のアミューズメント事業から撤退へ―『スターウォーズ』や『パックマン』題材の大型筐体など展開

  10. ボードゲーム版『DARK SOULS』のキックスターター、開始わずか3分でゴール達成

アクセスランキングをもっと見る

page top